fc2ブログ

「やれば出来る」は魔法の合いことば

4月4日の日記に書いたとおり、
故郷愛媛の代表校「済美高校」が甲子園で優勝しました。
色々調べているうちに校歌がユニークだというのが分かったので、
その済美高校の校歌「光になろう」の一節を抜いてみます。
この校歌は100周年に共学化した際に作り直したものらしく、
校歌にありがちな地理的なフレーズや歴史的なフレーズの一切入っていない、
前向きな生き方を綴った独創的な校歌であり、
上甲監督と共に済美高校ナインの大きな牽引力になったんじゃないかなと思っています。

~光になろう~
「やれば出来る」は 魔法の合いことば
腕をとり 肩を組み 信じてみようよ
素晴らしい明日が 展けるから

…夢は見るもの、目標は達成するもの…
まさにそのとおりだと思う。
人生一度きりなのだから、
自分なりの夢を抱いて叶えていく事が生きがいであるべきで、
「やれば出来る」の前向きな考え方が全ての壁をぶち破ってくれる。
というわけで済美高校の優勝というのは、
自分の夢を実現していく上でも勇気付けられたし、
「やれば出来る」を証明した一つの例だと思う。
「やれば出来る」けど「やらなければ出来ない」わけで、
前向きな考え方で行動さえすれば、
実現しない夢などないしどんな事だって不可能はないと信じ、
これからも頑張っていこう。
色んな不安があって踏み切れなくてもとりあえず一歩踏み出してみればいい。
人間はその与えられた環境下で必ず生きていけるのだから。
例えお金や地位がなくなってどん底に落ちたとしても、
狩猟をしたり残飯を食べれば生きていける。
そして生きていればまた光を求めて復活できるんだから。
怖いものなど何もない。
やれば出来る!

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/97-05ac1754