fc2ブログ

ノーネームランチへ

以前網走のノーネームランチのBILLさんが我が家にいらっしゃった際に、
2月の流氷ライディングに誘われており、
実際にノーネームランチに行きたかったのもあってお言葉に甘えてお邪魔した。
ノーネームランチの馬はとてもよく馴致・調教されており、
まさに人馬の関係はこうあるべきという見本を見せてもらった。

ノーネームランチ01’2004.2.28

ノーネームランチ02’2004.2.28

ノーネームランチ03’2004.2.28

流氷ライディングは海岸はもちろん、
景色の良い丘などもコースに含まれていて、
とても起伏の富んでいる魅力的なコースだった。
約15kmのコースを駆け足もおりまぜ1時間半くらいかけてトレッキングする。
驚きなのはまったく初めて馬に乗る人にもいきなり駆け足で走らせる事。
途中で白鳥が飛びたとうがヘリが離陸しようが整然としている様は、
そのものに対しての馴致が徹底されているわけではなく、
人と馬との約束事がきちんと確立しているという事の現れだろう。
後ろ向きに乗ってもハミを外しても問題なく乗れる馬達。
初心者でも馬に安心して乗れる環境なのだ。
とても従順で大人しいがかといって鈍いわけではない。
人の要求に機敏に応えてくれる。

何事もそうだが固定概念に捕われると視野が狭くなる。
もちろん色々と学んだりする事は大切だけれど、
学んだ事を鵜呑みにするのではなく、
自分なりに一度咀嚼してから頭に入れるといいと思う。
BILLさんの馬に対する考え方は自分の考え方と近く共感できるし、
自分自身がまだ技術的に未熟な事からも沢山の事が学べる。
自分の飼っている愛馬をより理想に近付けるためにも、
今後なお一層の努力が必要だろう。

BILLさん、今日は本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/59-56535a03