スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン粕を纏ったチーズ

2014-grace032.jpg

晴れ 最高気温:-1.4℃ 最低気温:-13.6℃

北海道の黒松内町、
「アンジュ・ド・フロマージュ」というチーズ工房で作られた、
「ピノ・ノワール」という名のワイン粕を纏ったチーズ
余市町のワイナリー「ドメーヌ・タカヒコ」の葡萄
ピノ・ノワール種の搾り粕を使い、
その葡萄品種名がそのままチーズの名前になっていて、
味はそれなりにクセのあるもの。
果汁を発酵させる白ワインと違って、
ワインは仕込みの過程でもろみで発酵させるので、
搾り粕といえどワインの風味を感じる事になる。
うちも牛乳と葡萄はあるのでやろうと思えば出来るだろうし、
どちらも原料から自家生産というこだわりになるけど、
原料生産だけでも大変というか、
原料生産(農業)こそが一番大変だし、
そこにこだわり無くしてその先をやりたいとも思えないから、
労力的にも一人で一から十までというのはまず無理だろうな。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/5487-335cde92

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。