スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータハムより可夢偉復帰

ケータハムCT03

ケータハム可夢偉

晴れ 最高気温:-3.2℃ 最低気温:-13.8℃

小林可夢偉が、ケータハムでF1復帰することが決定した。
ケータハムは、2014年のドライバーとして、
小林可夢偉とマーカス・エリクソンを起用することを発表、
V6ターボエンジンが導入される事になる変革の年に、
新しいドライバーランナップで挑む事になった。
2012年末にザウバーのF1シートを喪失した小林可夢偉は、
募金サイト「KAMUI SUPPORT」を立ち上げ、
800万ユーロという資金を集めつつもシート獲得に失敗。
2013年はアジア人として初めてフェラーリと契約し、
AFコルセからWEC世界耐久選手権に参戦していた。

今のF1はチームごとのマシンの出来が全てで、
いくらドライバーが優秀でも、
下位チームが上位争いを演じることはまず有り得ない。
ケータハムチームは2013年最下位でシーズンを終え、
参戦から4年経った今に至るまで、
10位以内の入賞経験もない新興チーム。
結局は資金力が物を言う世界なので、
上位チームは大手自動車メーカーのワークスチームとなり、
年間予算で何百億円という資金をつぎ込んでいる。
一方、下位チームはプライベートチームが多く、
上位チームの何分の1という予算でやりくりしているため、
持参金付きドライバーを選択する傾向が強いものの、
今回、ケータハムは大きな持参金を持たない可夢偉を、
エースドライバーとして抜擢し、
その経験と実力でチームを上位に引き上げる挑戦に賭けた。
可夢偉は可夢偉で、
一度F1の世界から離れたドライバーが、
実力を買われて復帰を果たすというケースは稀なので、
本当によくぞ戻ってきたと思う。
ケータハムの心意気と、可夢偉の情熱と実力を合わせ、
何とかシーズン中に1度でいいから入賞し、
チームとしてもドライバーとしても、
一歩ずつ確実にステップアップしていって欲しい。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/5447-45462f39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。