スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雌子牛の誕生と死

2013-grace273.jpg

2013-grace274.jpg

晴れ 最高気温:24.5℃ 最低気温:10.9℃

昨日の明け方に雄子牛誕生に続き、昨夜22時頃雌子牛が誕生。
正常分娩ですんなり出てきたにも関わらず子牛は仮死状態、
いつものように生まれてすぐ子牛を逆さ吊りにして、
羊水を吐き出させようにしたもののうまくいかず、
そのまま呼吸が始まってしまって羊水が抜けなくなってしまった。
呼吸はゼエゼエと苦しそうで、明らかに厳しい状態。
急いで獣医さんを呼んで治療してもらったものの、
今朝、ついに力尽きて死んでしまった。
母牛は体型も能力も高くて、後継牛が是非欲しいと思っていたし、
うちでは初となる子牛の死亡で、ショックも大きくとても残念だった。
軽いお産の割に子牛の状態が酷かった事を考えれば、
お産の3時間くらい前から母牛は粘液と共にかなり出血が続き、
子牛が母牛のお腹の中でトラブルが起こっていたのかもしれないし、
子牛は雌とはいえ小さく、分娩予定日より1週間早かった。
母牛はそれなりに乳房は張っているものの乳が下りてこず、
搾乳時にオキシトシンを投与してみる事に。
ちなみに同日に2頭の子牛の分娩があったのは双子を除くと初、
二晩続けて寝不足・・・。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/5316-6d9ce071

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。