スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛の近交係数

晴れ 最高気温:4.5℃ 最低気温:0.0℃

うちの雌牛に授精していくにあたって、
最近は特に近交係数を気にするようになり、
インターネット上の「家畜改良データバンク」にて、
「近交回避情報」に該当する牛の個体識別番号を入力し、
6.25%を超えないように種雄牛を選定して、授精してもらっている。
近交係数が高くなると、
劣勢遺伝子の発現、泌乳能力の低下、体格のわい小化、
発育や繁殖性の低下、死亡率の増加など、良い事は何もない。
何も考えないで交配したりすると、
平気で近交係数が10%を超えたりする場合もあるので、
改良するつもりが近交退化を招いてしまわないように、
血統情報はとても大事だとつくづく思う。
ただ、種雄牛も含めて近交係数の高い牛ばかりになっているので、
なかなか低くしようと思っても難しいし、
なるべく高くならないように気をつけるしかなく、
今までは国産精液ばかりを使ってきたけど、
牛によっては輸入精液なども使うべきかもしれないと思っている。

コメント

思い切って

思い切ってブラウンスイスとの交雑とか如何でしょう(*^^*)

2013年05月09日 22:26 from すなつURL

Re: 思い切って

あえて異品種の精液を授精するとすれば、
ブラウンスイスではなくジャージーでしょうかねー。
雑種強勢が期待できるし、繁殖性も良くなるので、
異品種交配は決して悪くはないとは思ってます。
他には赤ホルをかけてアウトクロスにするという手もありますね。

2013年05月10日 04:36 from 奥尻キンタローURL

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/5186-742378f3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。