スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猟銃検査

晴れ 最高気温:15.1℃ 最低気温:-1.0℃

警察の猟銃検査があり、
銃を、所持許可証や各種書類と共に持ち込む。
検査自体はすぐに終わり、
猟友会の事務局の方と少し話していたんだけど、
やはり今持っているハーフライフルでは、
鹿撃ちくらいにしか使い道はないらしい。
まあ逆に、散弾銃では難しい鹿撃ちが出来るのは凄いんだけど、
鹿撃ちに向いている朝や夕方は搾乳の時間帯なので、
酪農やりながら鹿撃ちに山に入るのは厳しいかもしれない。
もしカラスなどを撃つなら散弾銃や空気銃が必要となるので、
結局、用途に応じて複数の猟銃を揃えなきゃならないんだな・・・。
現実的に考えて、今複数の猟銃を持つだけの余裕はないので、
うちの敷地に鹿が現れない限り、
当面、たまに標的射撃に行くくらいしか使い道はないかもしれない。
なお、今持っている銃弾は標的射撃用として譲り受けしたもので、
この銃弾を狩猟や駆除に流用する事は出来ない。
つまり、同じ銃弾であっても、
狩猟も考えるなら狩猟用として許可を受けて銃弾を買わねばならず、
同じ銃弾なのに融通はきかない。
狩猟もいつでも撃てるわけじゃなく猟期は決まっているし、
駆除は駆除で許可を得なければならないしで、
手続きは複雑、面倒でお金がかかり、色々と大変。
いずれにしても、いつか機会があれば、
友人のハンターに同行してもらって鹿猟に行ければ良いなぁ。
経験を積まないと、射撃場以外で撃てる気がしない。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/5172-f9e6049b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。