スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛乳初出荷から一周年

2013-grace086.jpg

2013-grace087.jpg

曇り後雪 最高気温:3.7℃ 最低気温:-0.3℃

牛乳を出荷出来るようになってちょうど一年が経過した。
大きな問題もなく、無事一周年を迎えられて感慨深い。
牛を初めて導入した日も特別な日だけど、
牛乳を初出荷した日も、
新規就農した日として扱われる事も多く、同じように特別。
搾乳方法も色々と模索し、試行錯誤した一年だった。
乳量はもちろん、乳質も大事だし、
多少時間がかかっても丁寧に搾乳するようにしている。
また、最初に導入した牛達はとにかく痩せていたので、
乳量はピークでもせいぜい25キロいけば良い方で、
とにかく発情がなかなか来なくて苦労した。
一方、先日分娩した初産牛はすでに1日35~40キロ出してくれ、
コーンサイレージでも無ければTMRでも無いうちにとって、
初産でこれだけ出してくれれば御の字だし、
牛の個々の能力ももちろんあるけど、
育成や乾乳期間はとても大事で、
コンディション良く分娩を迎えるのが大事だとつくづく思った。
あとは牛を健康に保ち、乳房炎にしないように管理する事で、
経済的なロスを極力抑えるようにする事が、
少ない頭数で利幅を大きくする大事な点なので、
頭数が増えても、常に乳房炎ゼロでいられるよう頑張ろうと思う。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/5167-ea717869

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。