スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葡萄畑の番線張り開始

2013-grace077.jpg

晴れ 最高気温:5.6℃ 最低気温:-1.9℃

葡萄畑の杭には4段の番線を張って垣根仕立てにしていくつもりで、
少なくとも芽出し前に最下段の番線は張り終えなければならない。
まずはチェーンをクリッパーで切断し、両端の杭にネジ止めする。
そこに番線(#12)をターンバックルを介して繋ぎ、
ターンバックルを締める事でピンと番線を張る。
各番線の高さは、最下段の一番線:65cm、
そして二番線:95cm、三番線:135cm、四番線:175cmの予定で、
一番線は結果母枝を結わえるので若干太めの#12番線を、
二~四番線は結果枝を留めるだけなので#14番線を使うつもり。
とりあえず急いで最下段の番線を張って、
芽出し前に石灰硫黄合剤を散布しなくては。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/5161-28c2f812

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。