スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やればできるは魔法の合言葉

曇り後晴れ 最高気温:8.2℃ 最低気温:-3.1℃

先日、選抜高校野球大会2回戦は、
愛媛の済美高校が広島の広陵高校を延長13回サヨナラで下し、
手に汗握る素晴らしい試合だった。
私の故郷は四国の愛媛であり、
高校を卒業して大学進学でこの北海道・十勝に来るまでは、
愛媛でずっと生活していた。
今でこそ自分の人生において、
愛媛よりも北海道居住歴の方が長くなってしまい、
酪農家になった以上、帰省する事もなくなってしまったけど、
故郷を思う気持ちはいつもどこかに持ち続けている。
ちなみに済美高校は、私が愛媛にいた頃はまだ女子高で、
2002年に共学になり、
野球部創部3年目となる2004年春の選抜に初出場、
初優勝を飾ったのにはビックリしたのを覚えている。
夏の甲子園では決勝で駒大苫小牧と激戦を繰り広げ、
当時の4番バッターの鵜久森選手は日ハムに入り、
時折、一軍でも活躍している。
それにしても今回の済美のピッチャー、安樂選手は凄いなと。
2年生投手としては春夏通じて史上最速152キロを記録し、
2試合分の投球数、232球を投げ抜いた。
そして同校の校歌の中に、
「やればできるは魔法の合言葉」という歌詞があり、
とても良い言葉だと思っている。
今の日本では夢を抱く人が少なくなり、
例え夢を持っていても叶うわけがないと諦めていたり、
後ろ向きな思想が蔓延しているように思っている。
でもどんな無謀な夢も、出来る事から一歩踏み出すことで、
物事が動き始め、実現へ向けて大きく舵が切られる事になる。
私も高校時代、将来は馬を飼いたいし、農家になりたいんだと、
そのために北海道へ行くんだと周りへ言った事があるけれど、
親も含めて多くの人は本気にしてくれなかった。
でも今こうして馬を飼う事も出来たし、
さらにその一歩先、脱サラして酪農家になる事も出来た。
「やればできる」と自分に言い聞かせて行動に移していると、
長い年月がかかり、多くの失敗や挫折があったとしても、
いつかは何らかの形になるものだと思う。
この「やればできる」という言葉を校訓にしている済美高校、
のびのびと悔いのないよう頑張って欲しい。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/5145-29ba1d9c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。