スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPP交渉参加?!

晴れ後曇り 最高気温:3.4℃ 最低気温:-7.0℃

安倍首相がTPP交渉に参加すると発表。
日本経済全体ではプラスになるという試算なんてどうでも良く、
農業を天秤にかける事自体、ちょっと信じられないし、
そもそも食料を自給出来ない国は真の独立国とは言えない。
コスト競争で勝てるわけがない国内の農業が崩壊し、
食料の供給の多くを海外に頼るようになってしまえば、
他国から食料の供給を止めるというカードを切られたら終わり。
止められないまでも、国の首根っこ掴まれた状態では、
ますます相手国の言いなりになっていくのが目に見えている。
まあ日本としてどうなっていくのかは当然心配だけど、
それ以上に、うちは農家としてやっていけるのかがもっと心配。
まだ新規就農したばかりで牛の頭数も揃っておらず、
ようやく経営的に流れが見えてきただけの弱小新参農家だけに、
ちょっとした事で大きく足を引っ張られてしまう。
永く農家であり続け、農家である事に誇りを持ち続けられるように
安倍首相は「日本の農業を、食を守る。」と言うのなら、
具体的にどうするのかきっちりと示して欲しい。
ただ、そもそもTPPと農業改革は別問題だとは思うけど。

コメント

たしかにTPPはやめてほしいことだらけです

たしかに農業をだめにしてしまったら就業者の失業問題、飼育動物の不本意な廃棄(殺害)、外交面での食料カードの喪失などの不本意な面が多過ぎます。私は医療系の仕事ですので、国民皆保険制度が国庫の負担になっている今こそ、国が、アメリカの保険会社に保険制度を丸投げして依頼してしまわないか心配です。そうなれば病気をすでに持っている人は実質的に保険制度からはじかれます。健康な人による健康な人の為の民間健康保険制度が行われてしまいます。私も定期的な薬が欠かせませんので、TPPでそれもやめて欲しいと思っています。

2013年03月23日 18:16 from fumichanURL Edit

Re: たしかにTPPはやめてほしいことだらけです

そうなんです、日本の農業をダメにしてしまったら、
単に農家がいなくなるだけじゃなくて、
農業に関わる様々な産業も大きなダメージを受けます。
今まで国は、大規模化、効率化を推し進め、
小規模でこだわりのあるような農家は切り捨てる傾向があり、
家族経営の小規模農家は経営がとても厳しいのが現実です。
でも、いくら大規模化したところで海外に太刀打ち出来るわけがなく、
日本の気候風土に適した農業を見直すべきだとも思ってます。
これだけ農業を軽視した世論となってしまっているのも、
政治家にしろ国民にしろ、
食料自給の大切さを忘れてしまっているからでしょうね。
お金を出せば海外から安く食料が買えるのを良いことに、
国としての本質を置き去りにしてしまっているような印象を受けます。
逆に一度鎖国をして、いかに食料を得るのが大切かという事を、
国民一人一人が思い知らねばならないのかもしれません。
TPP問題はもちろん農業だけの問題ではなく、
おっしゃるとおり、医療の問題もとても大きいですよね。
農業にしろ医療にしろ、弱者を切り捨て、
さらに地域の基幹産業を崩壊させてまでTPPに参加するのであれば、
日本の政治家は何考えてるんだと憤るばかりです。

2013年03月23日 19:39 from 奥尻キンタローURL

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/5132-cb346cef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。