スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラウンスイスのポピー

2013-grace004.jpg

2013-cook002.jpg

晴れ 最高気温:-8.6℃ 最低気温:-20.2℃

ウイユを分娩したブラウンスイスのポピー、
ちょうど分娩から1ヶ月経ったので、
どれくらいの乳量が出ているのか、
パイプラインではなくわざわざバケットミルカーで搾乳してみた。
うちのパイプラインミルカーは、
自動離脱しなければ乳量も分からないミルカーなので、
個体乳量を調べるにはバケットで搾るしかなく、
少々面倒なんだけど仕方がない。
個体ごとの簡易乳量や搾乳時間が分かる、
「ミルクアイ」というものを1基だけでも良いから付けたいんだけど、
なかなかその余裕もなく先延ばしになってしまっている。
乳量が分かれば、より細やかに餌の量を調整出来るだろうし、
どの牛がどれくらい貢献してくれているのか分かるんだけどな。
品種的にブラウンスイスは、
ホルスタインの8割程しか乳量は出ないという事だったので、
ポピーにもそれほど多くの乳量は期待していなかったんだけど、
うちが最初に導入したホルスタイン並みかそれ以上、
乳を出してくれている事が分かった。
まあ最初導入した牛達はかなり痩せていたので、
イコールコンディションでの比較ではないけど、
嬉しい誤算となった。
ちなみに、この搾ったポピーの牛乳で、
またまたサンマルセランチーズを作る事に。
最近はまっている。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/5061-785ce6af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。