スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちの鶏を燻製に

2012-grace575.jpg

晴れ 最高気温:-0.4℃ 最低気温:-6.7℃

うちには20羽近いがいて、雄もいるので卵は全て有精卵。
時々雛を孵しているので、数が増える一方だったんだけど、
淘汰する雄と老雌を燻製にしてもらった。
昔は絞めるところから全部自分でやっていたんだけど、
最近はやる事も多く、なかなかやる気にもならなかったので、
こうして生体を提供してキチンとした製品にしてもらえると、
とても有難い。
烏骨も肉にしたんだけど、
羽は白くても、骨も肉も真っ黒な烏骨だけあって、
烏骨鶏の燻製はもちろん真っ黒。
予想以上に美味しそうだし、クリスマスディナーが楽しみになった。
自分で育てた動物をこうして肉として頂く事で、
初めて命に感謝するという気持ちが理解出来るし、
「いただきます」という言葉の重みを感じる事が出来ると思う。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/5024-9753dec7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。