スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

削蹄の打ち合わせと刺しバエ対策

2012-grace506.jpg

晴れ時々曇り

そろそろ牛も削蹄をした方が良いなと思っていたところに、
近所の農家さんが削蹄師さんを紹介してくれ、
今日、その削蹄師さんが来られて牛を見ながらお話が出来た。
繋ぎ飼いだと年に2回の削蹄が一般的だけど、
年3回するのが理想的だそう。
うちはまだ初産の牛ばかりなので、
蹄病などのトラブルは無いんだけど、
肢蹄が悪くなるともちろん乳量や乳質にも響くし、
良好な蹄を維持するのは大事な事だと思う。
馬は足上げをして自分で削蹄出来るので構わないんだけど、
牛は足上げを教えるのも大変だし、枠場もない上、
経済的な影響も大きいので、この削蹄師さんに頼もうと思う。
ところで最近牛舎に刺しバエが酷く、
日中は牛があまり横にならなくなり、バタつくようになった。
搾乳中もミルカーを落とすし、乳量も若干落ち、
刺しバエによる牛のストレスは相当なものだと想像する。
とりあえず殺虫剤のネグホンが手元にあったので、
希釈して牛舎に散布してみた。
どれほど効果があるか分からないけど、
牛舎をネットで覆うほどお金はないし、
少しでも刺しバエが減ると良いんだけど・・・。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4957-6226df9e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。