スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kさん達とポーレに乗馬

2012-grace449.jpg

2012-grace448.jpg

晴れ時々曇り

朝の搾乳作業後に外に出てみると、
もう気球が飛びたっているのが見えた。
せっかくなので今日もKさん達と共に航空公園へ。

2012-kamishihoro097.jpg

ちょうど各気球がターゲットにマーカーを落とすという競技中。
このバルーンフェスティバルはただ気球を上げて終わりではなく、
全国から集まってきた気球チームが各種タスクで勝利を競う。
年によっては全日本学生チャンピオンシップ、
熱気球日本選手権と併催される事もあり、
熱気球が多い年では80機以上が上士幌の空を埋める。
今年は30機の参加があり、
私の母校にもなる帯広畜産大学の熱気球を始め、
ぬかびら源泉郷の気球、上士幌高校の気球など、
地元の愛好家が持つ気球は継続的に参加していて見応えがある。

熱気球は風に大きく影響されるため、
一日の中で風の弱い、早朝と夕方を狙って競技が行われる。
朝の競技は5:30から、夕方の競技は16:00からで、
もちろん狙い目は人が少ない早朝の競技。
どんな競技(タスク)があるかというと、
逃げる気球を追うような競技や、
狙ったポイントにマーカーを落とすような競技など、
何種類かのタスクを組み合わせた競技が行われるそうだ。
タスクの種類も色々合って、
①パイロットデクレアドゴール
②フライオン
③フライイン
④うさぎ狩り
⑤ジャッジデクレアドゴール
⑥ヘジテーションワルツ
⑦エルボー
⑧マキシマム・ディスタンス
⑨ミニマム・ディスタンス
などがあるようで、詳細はここでは書かないものの、奥が深い。

帰宅後、牛に2回目の餌やりと除糞をした後、
Kさん達をに乗せるべく、ポーレを装。

2012-grace450.jpg

半年ぶりとなるポーレへの騎乗となるので、
元気が有り余っていてバタつくかなと思い、私がまず下乗り。
やはり時に跳ね、ふらつきバタバタするので、
落ち着いて指示に従うようになるまで、粘り強く騎乗。
やがて少し疲れてきて落ち着いてきたので、Kさん達に交代。
自由に乗ってもらったり、お子さんは引きしてあげたり、
ポーレもそうだけど私も汗だく。
今日は暑かった~。
まあもっと愛に乗ってやれれば良いんだろうけど、
こういう機会でもないとなかなか乗ってやれないので、
ポーレへの調教進度の再確認になって良かったかな。

そしてKさん達をナイタイ高原へ案内。

2012-kamishihoro098.jpg

ここもうちから車で15分で来れるし、
北海道らしい雄大な景色が見られるしで、
是非案内したいと思っていたところ。
これだけ広大なところは道外にはないし、
これぞ北海道、これぞ十勝という、強烈なインパクトがある。
Kさん達とはここでお別れ。
の事、牛の事、そして夢の事、いろんな話が出来たし、
上士幌の事も気に入ってくれて良かった。
またいつでもいらっしゃって下さいませ!

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4914-2c17ef5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。