スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ・パッパータ

2012-shintoku007.jpg

2012-shintoku011.jpg

曇り

昨日、新得の金田ベリー園に行ったついでに、
同じく新得にあるイタリアンのお店「ラ・パッパータ」に行ってみた。
もう20年近く前から営業している重厚なログハウスのお店で、
新得郊外の周りは畑や林に囲まれたところにある。
お店は大都市の市街地に出店する方が客足は見込めるけど、
本当にこだわる人は市街ではなく田舎に店を出す。
それは材料となる素材を買うのではなく、
育てたり、栽培したりするものだろうから。
料理に質へのこだわりを100%表現するには、
田舎で無ければならず、
田舎で頑張っている店こそ評価に値すると思っている。
環境的にも田舎にある方が癒され、
ゆっくりと食事を楽しむ心のゆとりが生まれるだろうし。
ここも本格的なコース料理として出してくれるらしく、
お昼の時間なのでAランチ1,470円を頼んでみてビックリ。
正装でサーブしてくれ、量も質も素晴らしかった。

そのAランチのメニューは、
2012-shintoku008.jpg
前菜代わりにまずパスタで始まる。
数種類のパスタから選んだのは「大葉シソとパセリのパスタ」。
シンプルなオイルパスタではあるものの、
シソとパセリがオイルをひきたてて素晴らしい風味だった。

2012-shintoku009.jpg
続いて数種類の手作りパンが出てきて、そしてメイン料理。
これは「鶏肉のソテー・カレーソース」。
蒸し野菜の上に表面の皮がパリパリに焼かれた鶏もも肉が載り、
マイルドなカレーソースが添えられている。
刺激的な味ではなくあくまでマイルドで、
ジューシーな鶏肉と自家栽培野菜はとても美味しかった。

2012-shintoku010.jpg
そして最後はカフェラテとデザートまで付いてくる。
デザートは、バナナ、プリン、マンゴーとバニラのアイスクリーム。
もうお腹いっぱい、すごい量だった。

ちょっと贅沢なランチかなと思ったけど、
これだけの質と量で提供されるコース料理という事であれば、
とてもコストパフォーマンスに優れたランチだと思う。
ちなみにBランチは鶏肉が牛肉になる。
こちらも恐らく美味しいであろう。
他にもパスタランチなどもあるけど、このAランチがお勧めかな。
ディナーも食べてみたいところだけど、
夜遅くまでは営業していないので、
酪農をやっている以上は間に合わず、無理そう。
でも年に数回、車で1時間かかっても、
わざわざランチを食べに来たくなる、そんな店でした。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4907-ff76bae0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。