スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛乳の体細胞数が1万を切った!

曇り時々晴れ

今日届いた生乳受託報告書を見ていて、
先日17日に出荷した牛乳の対細胞数がついに1万を切り、
9千になっている事に気がついた。
最近は大体1万~1万5千で推移していた体細胞数が大台突破。
搾乳を丁寧にする事でどこまで体細胞数を下げれるか、
自分なりに色々なやり方を試し、
1万を切るのを密かな目標にしていただけに、
この大台突破は嬉しかった。
この挑戦は初産牛だけの今の状況だから可能ではあるけど、
初産牛という事を差し引いても低いところまで到達したかった。
今後はどの作業工程を省くとどういう影響が出るか検証し、
頭数が増えた時に効率化しながらも乳質を落とさないよう、
色々試してみようかな。
それがうまくいってこそ、
経産牛が増えてきても体細胞数を低く抑えられる事になるだろうし。
ちなみに草の食い込みを増やすため、
配合飼料を減らし、糖蜜を与えてみるようにしたところ、
牛乳の脂肪分が高くなり、尿素窒素が低くなった。
発情が来ない牛に発情が来たり、
すべてが糖蜜のおかげというわけではないだろうけど、
一定の効果があったように思う。
とりあえず継続的に使ってみよう。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4896-b085772f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。