スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛乳から生クリームとバター作り

晴れ

最近、毎日搾る牛乳が100リットル近くなり、
いくら牛乳を飲んだり、パニールやカッテージにして食べたところで、
どうしても余るようになってきていた。
そこで、牛乳から生クリームを抽出して、バターを作る事に。
牛乳は涼しいところで一晩置いておくと、生クリームの層が分離する。
その生クリームをすくい取り、
撹拌するとバターとホエーに分離するというわけ。

2012-cook032.jpg

生クリームを3分ほど撹拌するとバターが出来る。

2012-cook033.jpg

2012-cook034.jpg

そのバターの水気(ホエー)をきって、少し搾ると完成!
手作りのバターはものすごく美味しい。
酪農をすると、牛乳からチーズ、生クリーム、バターなどが作れるので、
改めてすごい事だと感動する。

ちなみに市販の多くの牛乳は、
ホモゲナイズ(均質化)されて脂肪球を細かくする処理がされているので、
牛乳から生クリームが分離しない。
もしどうしても市販の牛乳から作るのであれば、
ノンホモと書かれた高価な牛乳を使うことになり、
結果的に生クリームやバターそのものを買った方が安くなってしまう。
さらに、市販の多くの牛乳は、高温殺菌されてしまっているため、
たんぱく質が変性してしまっていて、
レンネットを入れても固まらず、チーズも作れない。
これも市販の牛乳を使って作るのなら、
高価な低温殺菌牛乳を使わなければならず、色々と不都合が多いのだ。
美味しい牛乳が飲める事、
そして、生クリーム、バター、チーズをふんだんに作れるというのは、
酪農をしているからの大きな利点だと思う。

コメント

No title

販売ルート作ってください!

2012年04月10日 21:07 from かっちゃんURL

かっちゃんへ

今のところ売っていけるのは卵くらいかな(笑)。
牛乳を出荷するようになれば、チーズやバターはせいぜい自家利用、
もし売るのであればそれなりの施設や体制を整えないとね~。

2012年04月11日 11:33 from 奥尻キンタローURL

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4789-411ac535

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。