スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レザンの削蹄

2012-grace084.jpg

晴れ時々曇り

今朝もダイヤモンドダストが煌めく寒さ。
上の写真を拡大してもらえると、
どこにダイヤモンドダストが煌めいているか分かると思うけど、
これはやっぱり実際に見たほうが圧倒的に綺麗。

2012-grace085.jpg

今日は糞出しと乾草入れ。
うっすらと雪が積もったので、椴松が雪化粧して美しい。
いつもどおり糞出しをして乾草入れをしたあと、
ついでなのでレザンの削蹄をすることに。
年に数回は爪を切ってやらないと、
の命である蹄が台無しになってしまう。
ちなみにうちでは枠場を使ったりはせず足上げでやってしまう。
あと、蹄鉄は不要なので履かせない。

2012-grace086.jpg

2012-grace087.jpg

まずは剪鉗(せんかん)で大まかに切っていく。

2012-grace088.jpg

2012-grace089.jpg

2012-grace090.jpg

そして鉄やすりで仕上げ。
爪を切られているレザンはというと、
そんなことしてないで遊んでよと言わんばかり(笑)。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4737-ea8bcfda

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。