スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラクターの修理完了

2012-grace065.jpg

晴れ後曇り 最高気温:-4.7℃ 最低気温:-7.9℃

農協の整備センターの方がトラクターの修理に来て下さり、
オイルプレッシャーボタン、ファンベルト、エアコンベルトの交換。
ファンベルトは劣化が酷く、なんと切れかかっている状態で、
このタイミングで交換できて良かった。
普段から何を一番気をつければ良いか訊いてみたところ、
やっぱりオイルなんだそうな。
オイルが減ってないかどうか、汚れてないかどうか、
それを定期的にチェックするだけでも未然にトラブルを防げるし、
結果として長く使えることになる。
理想は年に2回はオイル交換をし、
2回に1回はエレメントも交換するのが望ましいとの事。
動物も機械もそうだろうけど、
症状が深刻になってからでは遅いんだよなぁ。
未然に防ぐ飼い方(使い方)や普段の手入れも大事だし、
もし症状が出てしまったら即手を打たなきゃ後々苦労する。
なんでもそうだけど、後回しにして得することはまずないので、
気が付いたらそのときに手を打つとか、
やるべきことはさっさとやるのが大事だと思う。
やらないまま気にし続けるのはストレスにもなり自分には合わないし。
とりあえずトラクターが直って良かった。
ちなみに所長ならうちにあるコンパクトベーラーも見れると、
心強いお言葉も。
Sさんに教えてあげよう。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4724-96ab4c59

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。