スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回転ずし「七福神」

2012-obihiro007.jpg

晴れ時々曇り

用足しで帯広に出るついでに、久しぶりに回転寿司に行く事に。
事前にネットで色々調べてみると、
最近では「まつりや」「なごやか亭」「羽衣亭」など、
音更や帯広は回転寿司の激戦区となっている。
ただ、最近どうも回転寿司が高価格になっているような気がして、
自分が望む回転寿司のあり方とは違ってきているなぁと思い、
さらに調べていると、
帯広市南町に「七福神」という回転寿司があるのに気付いた。
ここは元「きんたろう」という回転寿司があって、
帯広畜産大学に通っていた頃は、
南町に住んでいたせいもあり、しばしば通った記憶がある。
今同じ場所で営業しているこの「七福神」は、
全皿115円均一という低価格でありながら味も量も悪くなさそうで、
これは行ってみなくてはという事で訪れた。

2012-obihiro008.jpg

ばくだん115円×2。

2012-obihiro009.jpg

ハマチ115円。
ハマチがこの値段で食べれるのはとても嬉しい。
他、活〆タイ、トロサーモンなど、どれも美味。
ハマチやタイの主産地でもある愛媛出身なので、
こういう寿司が115円なのは素敵すぎる。
さらにサーモンステーキ、マグロステーキ、炙りえんがわなど、
創作寿司の数々もとても美味しかった。

単純に味比べなら他にも美味しい寿司屋はたくさんあるだろうけど、
115円という価格から、コストパフォーマンスの高さではなかなか。
最近の回転寿司のようにやかましい事も無く、
普通の活気でゆっくり落ち着いて食べられて良かった。
1000円払えばお腹一杯寿司が食べられるという、
貧乏人にはありがたい回転寿司だったなぁ。
これから贔屓にしようと思う。

ところで、テレビで「タニタ食堂」がブームと放送されていた。
800円くらい払ってなんと500kcalしか摂取できない。
そう、低カロリーメニューが売りなんだそうだけど、
そもそも食事ってカロリーを摂取するために取るもので、
お金を払って少ないカロリーしか獲得できないというのは、
個人的には全く理解できないと感じた。
カロリーを取りたくないのであれば私なら絶食するし、
お金を払ってまでヘルシーなものを求めようという気にならない。
価格が安いならまだしも、
出されているメニューを見ても貧相なのに高い。
商売としてはうまいし、店側はぼろ儲けだな、これは。
同じ金額を払って2人が生きていけるカロリーを摂取できるはずが、
これだと1人分のカロリーにしかならないわけで、
飢餓に苦しむ国だったら有り得ないし、日本はまだまだ豊かなんだろう。
健康志向と言えば聞こえは良いけど、エコではないな。
それにしても券売機で210万円の高機能体組成計を売るというのは、
馬鹿にしてないかい?
実際に買おうとするなら、210枚も1万円札を券売機に入れねばならず、
買う人はもちろん、並んで待っている人にも迷惑極まりない。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4697-8417b1e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。