スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弟子屈

晴れ

別海で用事を終え、帰路につく。
帰りは釧路経由ではなく、阿寒経由で。
途中、大好きな弟子屈のお気に入りスポットをいくつか巡る。

2012-teshikaga001.jpg

弟子屈の川湯温泉駅。
今年は雪が多いらしく、線路と線路の間の雪の高さが凄い。
この駅にはオーチャードグラスという喫茶店と足湯があり、
汽車の待ち時間をゆっくりと過ごせるだけじゃなく、
汽車に乗る用事が無くても立ち寄りたくなるところ。

2012-teshikaga002.jpg

硫黄山からは高温の硫黄のガスが常にあちこちから噴き出している。
この噴き出し口に卵を8分間置いておくと蒸し卵が出来、
中標津に住んでいた頃はしばしば生卵を持参して、
蒸し卵を作りに来ていた。
春~秋の観光シーズンは入るのにお金を取られるのと、
違法卵売り業者がはびこっているので、冬が一番良い。
ただ、夏でも川湯温泉駅の近くに車を止め、
緑のトンネルを歩いて抜けると、
お金を払う事無く硫黄山に至る事は可能。
ちなみにこの硫黄山の頂上付近には、幻の硫黄山温泉がある。
硫黄のガス地帯を潜り抜け、登って行けば、
絶景を楽しめる、素晴らしい強酸性の硫黄泉を楽しめる。

硫黄山を過ぎ、川湯温泉街へ。
川湯温泉は草津温泉と並ぶ強酸性の温泉で、pHはなんと1.7~2.0!
殺菌作用は強力で、万病を治すすごい温泉。

2012-teshikaga003.jpg

川湯温泉街には公園や各温泉旅館に足湯があったりするんだけど、
意外と知られていないのが川湯神社の手湯も温泉である事。
この手湯はpH1.7の硫黄泉。

川湯温泉街を過ぎて屈斜路湖畔を走る。

2012-teshikaga004.jpg

屈斜路湖畔もあちこちで温泉が湧き、無料の温泉露天風呂も多い。
温泉が流れ出ている箇所は湖も凍らず、白鳥が越冬する。

弟子屈を後にし、阿寒横断道路へ差し掛かる。

2012-akan001.jpg

こんな雪の多い阿寒横断道路は久しぶり。
10年以上に渡って年に何回もこの道路は走ってきたけど、
これだけ除雪した後の雪壁が高くなっているのはそうそうない。
阿寒富士(雄阿寒岳)が綺麗だった。

コメント

ご無沙汰してます

i-189ご結婚おめでとうございますi-189

知らぬこととはいえ「おめでとう」が遅くなってスイマセンi-229
上士幌といえば、十勝ではありませんかi-282
どこかで遭遇できるかもしれませんねっi-279

今年もよろしくお願いいたします。秋にはたくさんの収穫に恵まれますようにi-265

2012年01月05日 13:01 from blackberry2URL Edit

Re: ご無沙汰してます

ありがとうございます。
そうなんです、何の縁だか十勝にやってきてしまいました。
ばんえい競馬を観に来たついでに、
是非足を伸ばして遊びに来て下さいませ。
今年も宜しくお願いします。

2012年01月05日 21:43 from 奥尻キンタローURL

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4690-35c53a16

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。