スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスキャンドル

晴れ時々曇り

ここ数日、早朝は氷点下15℃前後まで気温が下がっているので、
夜のうちからバケツに水を張れば、
素晴らしいアイスキャンドルが出来る。

2011-grace515.jpg

凍ったバケツをひっくり返して、お湯を掛けて氷を抜く。
氷の中のまだ凍ってない水を求めて猫が殺到。
猫が水を飲み終わった後、
その水を捨てるとアイスキャンドルの氷の器に。

2011-grace507.jpg

先日電飾したプンゲンストウヒの周りにアイスキャンドルを灯す。
やっぱりこれは綺麗だなぁ。
今バケツが2つあるので、毎朝2個ずつ氷の器を作っていけば、
1ヶ月もあれば結構見応えのある数が揃いそう。
ダイソーで蝋燭たくさん買っておかなきゃ。

コメント

きゃ---(*^o^*)

素敵すぎます一度作っておけば寒いから溶けないで残るんですね~ただそれほど寒いってことなんですよね私は奈良なので...昨日ミゾレっぽいのが降ってみんなテンション上がってましたから(笑)

2011年12月10日 23:11 from めぐURL Edit

Re: きゃ---(*^o^*)

そうですね、2月いっぱいは、
日中もプラスの気温になることはほとんど無いですし、
真冬日の日が長く続く事になります。
ただこのアイスキャンドルも、
氷点下15℃くらいまで冷え込まないと厚みのある器が出来ないので、
やっぱりこの寒さは必要なんですけどね。
もう少し冷え込めばダイヤモンドダストも見られるようになりますし、
毎年この冬を経験していても、
やっぱり煌めく白銀の世界は美しく、感嘆しますよ。

2011年12月11日 08:29 from 奥尻キンタローURL

素敵☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

寒い中にも心があったまる癒しがありますね!
昨日は家の打ち合わせで熊本でしたが、旦那がはじて薪割りに挑戦!
難しいですね(^◇^;)
来年の秋にはせっせと割ってもらいます(笑)

阿蘇にいってもこんなキャンドルまではこちらは作れないかな…(^◇^;)

沢山できたら写真お願いします(*^_^*)

2011年12月11日 11:18 from みかん♪URL

みかん♪さんへ

アイスキャンドルは氷を通す神秘的な灯りが綺麗なんですよ。
蝋燭の炎が一定ではなくゆらめくので、
それがまたキラキラして良い雰囲気になるんですよね。

薪割りは腰を入れないとうまく割れないですし、
斧の重みを伝えて割っていかないと、体力を消耗します。
あと、木を切り倒してすぐなら割りやすいですが、
乾燥すると割れにくくなりますし。
ただ、斧も色々あって、
割りやすいマジックハンマーというようなものもあります。
一番面倒がないのは、林業屋に行って、
端材や材質的に売れない薪を貰うという方法ですね。
林業屋によっては無料で分けてもらえるし、
薪割りする必要も無く楽ですし。
それも無理なら、林業屋から薪として買う方法もありますけどね。

アイスキャンドル、せっせと作って、
たくさん点灯したらまた写真アップしますね。

2011年12月12日 09:46 from 奥尻キンタローURL

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4665-b87cf18f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。