スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーブ復旧

晴れ

今シーズン一番の寒さになった今朝は氷点下14℃。
真冬並みに冷え込み、ストーブが点かない事から、
家の中はまさに冷凍庫。
こんなときに限ってポータブルストーブも壊れ、
結局、コタツしかない状況だった。
ただ、防寒着を着てコタツに入っていれば、
吐く息は白く、手はかじかむものの、とりあえず体は冷えない。
う~ん、古い家だと色んな事が起こるものだなぁと。

昨日に続き今日も灯油配管の修理が続き、
なんとか午後にはストーブも復旧、良かった良かった。
でもまだ時々不完全燃焼を起こしているので、
根本的に改善するには、配管全てを新しくするしかなさそうで、
このままではそのうちまたストーブが点かなくなる恐れは残っている。

ただ、こういう非常時の事も考えると、
やっぱり電気も灯油も必要ない薪ストーブが欲しいと改めて思った。
中標津で建てたログハウスには薪ストーブを付けていて、
薪ストーブの良さは重々承知しているだけに、
もう灯油ストーブでは物足りない気もして。
薪ストーブは柔らかい暖かさがあるだけじゃなくて、
ガスや電気を使う事無く、
ストーブトップ、灰受け皿、さらには火室内に五徳を置くことで、
煮込みだけじゃなく、色んな料理も可能となり、
紙ごみは燃やせるし、灰も畑に還元できるし、良い事ずくめ。
もちろんボタン一つで点火するわけではないけど、
慣れればすぐに火は点けられるし、
良い薪ストーブを設置すれば、
夜に薪をくべれば朝まで火は残っているし、
煙突掃除も年に一度で済む事から、
そんなに手間もかからない。
来年、多少なりとも資金的に余裕が生まれるのであれば、
薪ストーブの導入を真剣に考えてみたいと思う。

コメント

無事に復旧されたようでなによりでした(*^_^*)

今夜から熊本の主人の実家にきていますが、ストーブが焚かれていました。
でも寒い。・°°・(>_<)・°°・。
しかし気温はそちらより断然高いんですがね(^◇^;)
まだまだ寒くなるでしょうから早いうちに配管工事しなきゃですね。

薪ストーブ、
いいことばかりですね(*^_^*)
ログハウス、移転はできないんですか?

2011年12月10日 00:06 from みかん♪URL

みかん♪さんへ

北海道は外気は寒いですが、家の中は日本一暖かいかもしれませんよ。
私が前に働いていた会社では、
真冬でも室温が25~30℃もあり、暑すぎて気持ち悪くなり、
時々、氷点下の外へ出て気分転換しなきゃならないくらいで。
北海道の人は寒さに弱いので、
家の中は暖かく、外は出歩かないを徹底してます。
子供ですら親に車で学校へ送迎される始末で、
そんなに甘やかせて良いのかとよく思います。
私が子供の頃は、真冬でも半袖短パン裸足で通学してくるよう言われ、
教室も窓は全開、かじかむ手でノートに文字を書いてました。
こういう話をすると、北海道ではありえないと言われましたし、
都市部に住む北海道の人は寒さを感じない冬を過ごしています。

ログハウス、丸太部分だけであれば移転出来ますよ。
ただ、移転にかかる費用を考えると、
新たに新築した方が現実的かなと思ったりもします。
それに、住宅ローンを組んで建てているので、
移転するなんて銀行が認可するとは思えないんですよね。
あくまでその地で建築される家に対して融資したものなので、
場所が変わり、建物の丸太以外の部分が変わるのは、
きっとダメでしょうね。
さらに言うと、今の状況では住宅ローンを支払えないので、
その辺の現実的な判断もあったりします。

2011年12月10日 07:02 from 奥尻キンタローURL

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4664-b920b0b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。