スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十勝ワインヌーボー

2011-grace495.jpg

2011-grace496.jpg

晴れ

12月初日となる今朝はかなり冷え込み、氷点下10℃を下回っていた。
やはり氷点下10℃を下回ると、冬になったなぁという気になる。
愛馬の飲み水をいれてあるバケツの表面の氷も3、4cmにもなっていて、
その氷を割って取り除いて水を足す。
さらに冷え込むようになって、氷点下15℃を下回るようになれば、
この凍ったバケツをひっくり返してお湯をかけて抜き、
一晩で厚みのある綺麗なアイスキャンドルが作れるようになるので、
もう少し寒くなるのが楽しみだ。
今朝はさらに、少し雪が舞っていたのもあって、日の出が綺麗だった。

2011-ikeda020.jpg

12月1日といえば、世界で最後のヌーボーである、
十勝ワインヌーボーのリリース日。
十勝ワインヌーボーは、赤・白(辛口)・白(やや甘口)の三種類で、
それぞれ1,120円という良心的な価格設定。
ヌーボーはフレッシュで軽く、飲みやすいワインというだけじゃなく、
ヌーボーの出来を見て、来年リリースされるワインを楽しみにするもの。
フランスのボージョレ地方のワインは普段飲まないため、
ボージョレヌーボーには全く興味は無いけど、
十勝ワインは常に飲むワインなので、このヌーボーによる判断は必須。
ブルームや十勝ワインヌーボーといった、
今買わないと手遅れになってしまう、外せないワインを買うには、
お金が無くて困っている状況にあっても、
1日や2日、何も食べず食費を削ってでも資金を捻出してしまう。
自分にとって、ワインは血液なのだ(笑)。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4656-9ee58748

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。