スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実習が終わり・・・

晴れ

7月11日から入った近所の酪農家さんでの実習、
今日をもって終了となった。
初めは朝晩の搾乳作業とパーラーの掃除だけだったのが、
徐々に任せられる作業や手伝う部分が増えていき、
哺育牛、育成牛と乾乳牛の配合と草やり、
パーラーの牛の出し入れと1群と2群の入れ替え、
牛の追い込みと牛床掃除、
やがては共進会牛の牛房掃除と餌やり、
そして時折、哺育牛舎の敷料入れ替えの手伝いや、
デントコーン収穫時のバンカーサイロへのタイヤ上げ、
昼の餌やりと餌寄せなど、
重機を扱う作業以外は一通りやるようになった。
搾乳牛の個々の注意点や個性もある程度覚え、
搾乳時、搾り過ぎないようにする牛、
4つある乳房を搾る度合いによって時間差で外していく牛、
片側のピットには入らない牛、ピットの最初と最後は嫌がる牛、
ピットの後半に入れないと出す時戻ってきてしまう牛など、
どの牛がどういう特徴をもっていてどういう行動を取るのか、
分かるようになってくると、
搾乳はもちろん、ピットへの出し入れもスムーズになった。
3ヶ月弱の長いようで短い期間だったけど、
本来雇う必要の無い状態なのに私をわざわざ雇って下さり、
せめて足を引っ張らないように恩返ししようと、
親方に仕事をさせないよう、仕事を奪うようにやっていったつもり。
良い勉強と経験になっただけじゃなく、
いざという時に頼れるご近所の農家さんがあるというのは心強く、
本当にありがたい事だと思っている。
それにそもそも最低限の生活が送れる収入が得られ、
なんとか破綻しないで済んだとも言える(爆)。
ただ11日から翌月10日を1ヶ月として給料計算されていたので、
今月頂く給料は約1週間分少なく12万円程度と相当厳しく、
何とか今月を乗り切らねばというのはあるんだけど。
ただまあ、もしうちに牛が入らないのなら、
出来ればずっと来て欲しいくらいだと言ってもらえて、
頑張った甲斐があったなぁと嬉しい。

もうすぐうちに牛が入ってくる事になるとは思うけど、
楽しみな部分もあれど、半分はやっぱり不安。
それは知識や経験がまだまだ不足しているのはもちろん、
堆肥処理などの不確定要素、そして生活費についても、
どうなるんだろうなぁという部分もまだまだ多いので。
単に餌をやって牛乳を搾るだけなら出来るけど、
牛は生き物だし、そんなに簡単にいくとは思っていない。
いずれにしろ、経済的、そして時間的余裕が無いと、
結果として精神的余裕は生まれないし、
そうならないと、葡萄栽培、チーズやワイン造り、
そしてや鶏の事など、出来なくなってしまう。
酪農だけで手一杯になるような状況になるのであれば、
むしろサラリーマンの方が良いとも言えなくはないので、
休日が無いことが苦にならないように考えていきたいと思う。
まあまずは牛を知り、酪農を軌道にのせないと始まらないので、
頑張らなくてはならないな。

コメント

わたし祈ってます~

> 出来ればずっと来て欲しいくらいだと

何よりのお言葉ですよね。

小生、酪農ってとっても朝が早いお仕事だとの認識があるのですけど、実際はどうなのでしょう?

お仕事、早く軌道に乗ると良いですネ。

わたし祈ってます~(笑)

2011年11月03日 23:44 from 埼玉の孤狼URL

Re: わたし祈ってます~

ありがとうございます!
酪農は毎日の搾乳があるので年中無休なんですよね。
牛だって生き物なので雌牛が子牛を分娩して初めて乳を出しますし、
分娩後10ヶ月もの間、一般的に朝夕搾乳します。
搾乳時間を何時にするかはある程度自由はありますが、
私が実習していたところでは朝は5時から、夕方は16時からの搾乳で、
それに合わせて15~30分前から準備などの作業を始めるので、
私は朝4時半過ぎには作業に行ってましたよ。
大体、朝は4時間、夕は3時間位は作業をするので、
朝は5~9時、夕は16~19時が決まった仕事時間で、
それプラスアルファの作業が色々ある感じでしょうか。
なので特別な作業がない日はお昼前後の時間は自由になるんですね。
いよいよこれから始まるわけですが、とりあえず頑張ります!

2011年11月04日 06:58 from 奥尻キンタローURL

うちはこれから修行なので全然役に立たないかもしれませんが、手だけはありますので、人手が欲しい時にはいつでも呼んで下さい。猫の手よりはましになるように(笑)
五年後を目処に牧場を持ちたいのですが、夫がどのように成長してくれるかが問題です。もちろん私も、、
上士幌町は小学校も母親が酪農に携われるように、サポートしてくれるので、素敵な町に来たもんだと感動!
導いてくれたキンタローさん一家に感謝です!

2011年11月10日 21:05 from sunatsuURL

sunatsuさんへ

私自身もまだまだ未熟な状態での就農なので、
いざという時は頼りにしています~。
農家になるというのは大変な事なので、
もし準備期間を長くもてるのであれば、
焦る必要はないと思いますよ。
農家として独立するのが良いのか、場長として任されるのが良いのか、
はたまた一作業員として淡々とやっていくのが良いのか、
農業と一口に言っても、業種も色々あれば、やり方も色々です。

やはり基幹産業が農業なので、あらゆるところが理解ありますよね。
そういうところも北海道の魅力の一つなのかもしれません。

2011年11月10日 21:36 from 奥尻キンタローURL

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4627-a71327cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。