スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南十勝周遊&キャンプ

晴れ

今日の夕方と明日の朝の仕事が休み。
十勝最南端の広尾町のサンタランドが今シーズンの営業を始めたので、
十勝周遊を兼ねて恒例の忠類ナウマン公園キャンプへ。

道中、紅葉が綺麗だろうと真鍋庭園に寄る。
今年3回目の真鍋庭園。

2011-obihiro072.jpg

2011-obihiro073.jpg

2011-obihiro074.jpg

2011-obihiro075.jpg

2011-obihiro076.jpg

やっぱり真鍋庭園は素晴らしい。
来春は林檎と砂糖楓の苗木でも買おうかな。
もちろんシードルとメイプルシロップ作りのため。

十勝を南下し、更別村の「レストハウスかしわ」で昼食。

2011-sarabetsu001.jpg

2011-sarabetsu002.jpg

ここの名物、炭火焼豚丼。
普段、豚丼なんて自宅で作っても簡単に美味しく出来るので、
外食で頼む事は稀なんだけど、
ここの豚丼は格別に美味しく、そして肉厚でボリューム満点。

さらに南下して忠類に到達。

2011-chuurui020.jpg

夕食のため「うらがみミート」で、
賞味期限切れ間近の手作りソーセージやベーコンを半額で買う。
ここのハムソー作りの歴史は意外と長くて、
すでに30年以上が経っている。
この田舎でずっと肉加工を続けている事は凄いと思う。
手作りソーセージやベーコンの味は絶品。
でもハンターやって鹿をとるようになれば、
自分で肉加工施設を立ち上げるのも面白いかもしれない。
鹿肉のソーセージやサラミ、ハムはどうなんだろう。

さらに南下して大樹町、広尾町へと行く前に、
いつもの忠類のナウマン公園キャンプ場でテントを設営しておく。

2011-chuurui021.jpg

恒例の写真になりつつある忠類キャンプ風景。
無料というだけじゃなく、
11月3日まで開けていてくれるのが素晴らしい。
今時期になると無料のキャンプ場であったとしても、
炊事場の水が止められていたり、トイレが使えなくなっていたりして、
晩秋のキャンプがやり辛いところが多いのだ。
まあそれでも強引にキャンプする事はあるんだけど。

広尾町へ行く前に、途中にある大樹町の半田ファームへ寄る事に。
半田ファームは酪農家であると共にチーズ工房などがある。

2011-taiki002.jpg

ゲルがあったりピザ小屋があったり、不思議な雰囲気。

2011-taiki003.jpg

ロバも。

2011-taiki004.jpg

チーズ工房の建物は遊び心と手作り感溢れる作り。
こういう工場っぽくない施設が好き。

2011-taiki005.jpg

建物間が、2階に渡された渡りデッキで繋がっていて、
途中のスペースから梯子で地上に降りることもできる。

2011-taiki006.jpg

建物は1階がチーズ工房、2階が売店と喫茶になっている。
これは喫茶。

2011-taiki007.jpg

2011-taiki008.jpg

ワイン粕でコーティングして熟成させたチーズがあったので、
気になり買ってみる。
ブラ・チュックと似たようなものだろうか。

大樹町を後にし、いよいよ広尾町へ。
十勝最南端の町で太平洋に面している。

2011-hiroo001.jpg

2011-hiroo002.jpg

展望台から見た十勝港。
数年前までは旅客フェリーが運航していて、
茨城の大洗港まで行けたんだけど、
今は貨物船のみとなっている。
またフェリーが復活しないかな。

広尾市街から襟裳岬方面へ黄金道路を少し走ると、
フンベの滝がある。

2011-hiroo003.jpg

フンベの滝と黄金道路、そして海。

2011-hiroo004.jpg

フンベの滝の滝壺付近にはクレソンが生い茂っていた。

いよいよサンタランドへ。
広尾町のカントリーサインはサンタクロース。
そう、広尾町はサンタの故郷ノルウェーが認めた国外初、
もちろん日本で唯一のサンタランドがある。
サンタクロースの故郷であるノルウェーのフログン市と、
友好交流提携を結び、
1984年、ノルウェーの首都オスロ市から、
日本初の「サンタランド」としての認定書が送られてスタート。
1985年から広尾サンタランドとして、
平和のシンボルであるツリーを全国各地に贈り、
リレー点灯式を行うなどの活動を始め、
その中でオスロ市が、
ノルウェー・サンタランドとして世界中の子どもたちから届く、
サンタクロースあての手紙に、
返事としてクリスマスカードを送っていることを、
日本の子どもたちにもぜひ伝えたいと、「広尾サンタメール」が誕生。
広尾は水産でも酪農でもなく、
あくまでサンタクロースの町として歩む個性的な町でもある。

2011-hiroo005.jpg

サンタランドの展望台から見た広尾市街とサンタランド。

2011-hiroo006.jpg

吊り橋から見たサンタランド。

2011-hiroo007.jpg

サンタの家へと向かう入口。

2011-hiroo008.jpg

サンタの部屋。

2011-hiroo009.jpg

東屋から見たサンタランド。

2011-hiroo010.jpg

高台にある東屋にはクリスマスツリーと天井にイルミネーション。

2011-hiroo011.jpg

サンタの家のイルミネーション。

2011-hiroo012.jpg

2011-hiroo013.jpg

サンタの家の中は沢山のクリスマスグッズが売られていて、
眺めているだけで心温まる。
2階には喫茶スペースがあり、
コーヒーが無料で飲み放題という素敵なサービス精神。
サンタランドは入場料も無料なので素晴らしい。
冬になって雪が積もってから来たらまた素敵だろうな。
時間が取れたらまた来ようと思う。
北国の魅力の一つは冬の雪景色とクリスマスかもしれない。

広尾を後にして忠類へと戻り、キャンプ地へ。

2011-chuurui022.jpg

2011-chuurui023.jpg

すぐに七輪に炭を熾し、焼肉。
寒いのでセイコーマートの500円ワインがすすむ(笑)。
お酒が入ると寒くても暖かくなるのが不思議。
もちろん寝る前は歩いてナウマン温泉に行って日帰り入浴、
そしてテントで就寝。
防寒の上下を着て、羽毛の寝袋で寝れば快適な睡眠が得られる。
星空も綺麗だし、素晴らしい夜だった。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4620-06c6fe5e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。