スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葡萄畑に馬糞堆肥入れ

2011-grace359.jpg

2011-grace360.jpg

2011-grace361.jpg

曇り

我が家の葡萄の苗木はその後、
葉が全て落ちてしまい、枯れたであろうものも。
やはりべと病などの予防薬を買い揃えられなかった事と、
今年の夏のあまりの天気の悪さが響いたなぁ・・・。
特に1年目は病気を出すと深刻な被害が出るので、
万全の準備が出来ない状態では厳しかったかも。
来春、どれくらいの数の苗木が新芽を出してくれるか分からないし、
もしかしたら多くの苗木がダメになっている可能性はあるけど、
とりあえず生きている事に望みを賭けて、
積んであった糞堆肥を畝に入れておくことにした。
タイヤショベルで畝間に運び、
後はフォークを使って手作業で畝に積んでおいている。
もう一つの心配事は、もうタイヤショベルに燃料が無いこと。
給油したいけど資金的余裕もないので、
極力タイヤショベルは動かさない事にしている。
燃料が尽きてしまったら、に乾草を運んでやれなくなるし。
未だ微妙な綱渡りが続く。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4592-86a54bb1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。