スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンポポとアスパラのハーフ&ハーフピザ

2011-cook024.jpg

曇り

タンポポの葉とアスパラを採ってきて、
トマトソースとホワイトソースのハーフ&ハーフのピザに。
トマトソースは去年奥尻で育てたトマトとバジルで作ったソースだし、
あとはチーズとホワイトソースに使う牛乳と、
ピザ生地に使う小麦を生産すれば、ほぼ100%自給になる。
細かい事を言えば、塩も海水から採れば完璧。
貯金も乏しいので、生活費の切り詰めを兼ねて、色々こだわる。

原料から100%自給して作る事って意義を感じるんだけど、
そういう料理人がまだまだ少ないのが残念。
都会に店を出せば儲けられるけど原料を自給できないわけで、
本当の職人気質な調理人は田舎に店を出し、
極力自分で材料から育て、確保しようとするものだと思う。
その方が鮮度も良いのは間違いないし、
契約栽培なんかよりも圧倒的にこだわりを表現できるはず。
ただ、そういうこだわりだけで突き進んでも、
消費者がその違いを理解できない、
あるいは消費者の嗜好とはかけ離れてしまうと、
商売としてはなかなかうまくいかない。
それに、こだわりを理解されるまでは長い年月が必要だし、
下手をすれば全く評価されないまま店をたたむ事もあるだろう。
ただ、田舎で店をやってうまくいくとすれば、
やっぱりそこで採れるものをつかった料理だろうし、
業務用食材を使って提供するのなら市街地で良いはず。
なんて言うか、もし自分がそういう事をするのなら、
人が集中している市街地に店を出すよりも、
田舎に店を出して人を呼び込むくらいの事が出来ると良いなと思う。
あえて遠くに足を運ぶだけの魅力を出すには、
そういう食材や料理の魅力だけじゃなくて、
庭であったり、店の雰囲気だったり、環境そのものの魅力が必要。
その魅力の中にはもちろん馬も入っています(笑)。
まあ趣味と商売とは違いますけどね。

コメント

おいしそうね~

いつもの事ながらとてもおいしそうですね!
店の話で私が思った(空想)事
草原にテーブルが点在しているレストラン、そこに注文の品を届けるのは馬に乗った人。お金はその場で受け取り、食事が済んでテーブルを立つ際は旗かなにかを立ててもらうetc どうでしょう(^^)/

2011年06月17日 13:53 from きゃさりんURL Edit

Re: おいしそうね~

馬に乗るウェイター&ウェイトレスですね!
やる側も大変そうですが、お客さん側にも馬への理解が必要になり、
なかなかハードルは高そうです。
でもそういうところは無いので、可能であれば面白いですね!
いずれにしても出来るだけ馬が近くに感じられるように、
そして放牧される自然な風景をも楽しんでもらえると嬉しいです。
某国のように、馬のいる風景が美しいからと、
国が無償で馬を飼う土地を提供したりしてくれるレベルまで、
馬への認識や理解を深める一助になれたら良いですよね~。

2011年06月17日 14:32 from 奥尻キンタローURL

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4485-1098e4ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。