スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葡萄苗木の植え付け穴掘り

2011-grace040.jpg

2011-grace041.jpg

2011-grace042.jpg

曇り時々晴れ

風は強かったものの、天気はまずまず。
今日から葡萄苗木を植え付けるための穴を、スコップで掘り始めた。
穴の直径は60センチ、深さは30センチ、
もちろん後々のために雑草の根は丁寧に取り除いておく。
一日がかりでとりあえず1列分、25個の穴を掘り終え、
牛糞堆肥も運び終えた。
牛糞は馬糞と違って熟成しづらく、
ここに山のように残されている3年前の牛糞ですらまだほとんど生。
攪拌したり空気を入れたりしないと、
牛糞はちっとも完熟堆肥にならないようで、
この牛糞の山も表面しか完熟していない。
昨日タイヤショベルで牛糞堆肥を葡萄畑に運んできてはみたものの、
ほとんど生で使い物にならない事から、
スコップで牛糞の山の完熟部分のみを削ぎ取って、
一輪車で運んでくる事にした。
結局何から何まで手作業で、時間と手間と労力がかかるけど、頑張ろう。
この穴掘りと堆肥運びもあと3列ある。

コメント

No title

はじめまして。がんもさんの友達のてんといいます。
ブログ拝見させていただきました。

馬が好きという話から、金太郎さんのブログを紹介していただきました。
ログハウスを手作りしてしまうなんてすごいです!

ラベンダー100本咲いたらすごくきれいでしょうね。
想像しただけでいいにおいがしてきそうです。


前に、セキュリティと思って、非公開コメントにしたみたいですみません。

どうぞ、よろしくお願いします。

2011年05月08日 21:30 from てんURL

てんさんへ

てんさん、はじめまして。
馬は伴侶として素晴らしい資質を持ってますし、馬を飼うのは良いものですよ。
海外じゃなくてもこの北海道なら、そんな夢もそれほど叶えるのは難しいものではないんです。
まあやり方次第ですし、いずれにしても飛び込む勇気は必要ですけどね。

ちなみに非公開コメントでも届くのですが、今のところ私は引っ越したばかりでネット環境がなく、メールアドレスを入れてもらえたか分からないため、お返事しようがなかったんです。
近日中にネット環境は整いますので、そうなれば非公開コメントであっても、投稿時にてんさんが自分のメールアドレスを入れておいてもらえれば、私からそのメールアドレスへ返信させて頂きますので。
てんさんも、もし深く色々訊いてみたい事があるなら、メール(kintaror@gmail.com)で下さいませ。
ブログ上のコメントでは書けることも限られてきますので。
では今後とも宜しくお願いします!

2011年05月09日 05:40 from 奥尻キンタローURL

No title

コメントいれるのにどんだけ時間がかかるんだと、酎ハイでも飲みながら3時間くらいお説教をしたいが、コメント入れられてよかったw

ブログ見るより、飛行機でピューと観にいっちゃえば?とアドバイスしてみる。
そして移住する。馬を飼う。夢がかなう。
こんな青写真で行きましょう!

2011年05月09日 05:43 from がんもURL Edit

がんもさんへ

何やら大分苦労されたみたいですね(苦笑)。
ブログのコメントと直接メールとをうまく使い分けて貰えると、こっちもやりやすいんですよね。
非公開コメントでも構わないんですが、メールアドレスを入れてもらえてないと、返信出来なくて残念な事になってしまいます。
拍手コメントも同様ですけどね。
だから、私からの返信は不要だとか、当たり障りのないやり取りだけならコメントで、それ以外は直接メールで頂ければなぁと思ったりします。

夢を叶えるにはいずれにしても飛び込む勇気は必要ですし、百聞は一見にしかず、観光ついでであっても滞在しに来るような人は、何らかの行動を起こして夢を叶えるタイプだと思いますね。
本当に、言葉だけでは伝えきれないものは沢山ありますし、実際に足を運ばないと気付かない事は山のようにありますし。
同じものを見聞きしたとしても、あらかじめ自分で下知識を仕入れてきてるかどうかによって、受け取り方も変わりますし、いかに本気で夢を目標に置き換えられるかが大事だと思いますよ。
それさえ出来れば、なせばなるし、なるようになるものですよね(笑)。

2011年05月09日 06:09 from 奥尻キンタローURL

No title

お返事ありがとうございます!

コメント書いて送信しようと思ったら、なんだか消えてしまいました (; ;)


馬はいいですよね。大好きです。

金太郎さんはワインも作ってらっしゃるとのことですが、木から育ててるんですね。・・・すごい。
牛フンが3年も発酵しないなんて知りませんでした。
私は福岡なのですが、こっちは暑いので、もしかしたら早く発酵するのでしょうか?
ちなみに、今日は29度でした。けっこう暑かったです。


夢は、夢のままです。
だから、人に言うと、なにやってんだって呆れられるのかもかもしれません。

金太郎さんは、実行しててすごいと思います。

2011年05月09日 23:46 from てんURL

てんさんへ

葡萄栽培とワイン醸造は、2008年夏~2010年夏の2年間、奥尻島に移住してやっていたんです。
今は何もないので、まずは葡萄を育て、うまくいくようならいつかはワイナリーを設立したいなと。
チーズ作りの経験もあるので、農業は酪農と葡萄栽培を、加工はチーズとワインをと思っています。
まあそこに行き着けるとしても、10年はかかるでしょうねぇ…。

堆肥作りは意外と大変なんですよ。
特に牛糞のように水分量が多いものは発酵し辛く、常時攪拌したり反転したりと空気に触れさせていかなきゃなりません。
気温よりもこういった事が出来るかどうかで、完熟化へのスピードは大きく変わります。

馬はあらゆる面で魅力的な動物ですね。
伴侶として、あるいは交通機関として優秀だし、馬のいる風景は景観上美しく、そして良質な馬糞の堆肥を得る上でも貴重です。
ヨーロッパでは、馬の居る風景が大切だからと、馬を飼う事を条件に国が土地を無償で譲渡する事もあるそうです。

私の高校生時代の夢は馬を飼うことでした。
当時は周りの友達や知人は誰も本気になんてしてませんでしたが、私はそのために北海道の大学に進学し、そのまま北海道に定住する道を選んだんです。
私の出身地の四国よりも、北海道の方が広い土地を得やすいのは明白でしたし、馬にとっても北海道の気象条件の方が合っていて、草資源に恵まれていますから。
その後の努力はもちろんありますが、どういう形であれ少しでも夢を叶えるための環境に近付かないとダメなんです。
周りから変人扱いされようと、それでも夢を叶えるために一歩踏み出し、努力し続ければこそ、何らかの形になっていくものです。
その過程では必ず共感してくれる人との縁も生まれてきますし、なせばなるというのが分かると思いますよ。
夢を思い描いてぼんやりしているだけでは変わりません。
ある程度のリスクを承知で、夢を目標に置き換えて、現実的に達成するにはどうしたら良いのか、まずは叶えるべき地域や土地を徹底的に調べあげるべきでしょう。
この北海道ですら、九州の2倍の面積があり、地域によって全く気象条件も変わってきます。
これだけインターネットが普及した今、調べようとすれば大概の事が分かりますし、それをした上で、実際にその地を訪れ、踏み込んでいけば形になっていきます。
まずは動く事、大事だと思いますよ。
夢を叶えるのは特殊な能力ではなく、決意と行動力が一番大事だと感じています。

2011年05月10日 05:48 from 奥尻キンタローURL

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4445-f85a0c02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。