スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチョカバロ作り

2010-betukai007.jpg

曇り

個人的にカチョカバロ(馬のチーズ)というチーズが好きで、
何回か練習しているうちに最近綺麗に作れるようになった。
形がユニークで可愛らしいし、外と中との熟成度の違いも良く、
切ってフライパンで焼いてステーキにしたりしても美味しい。
18リットルの試作用バット又は、よくある大鍋なんかを使って、
家庭で楽しむ分のチーズ作りをするのって有意義だと思う。

そういえば今日は4月1日、世間では新年度スタートの日。
私自身も、今月中には仕事も立場も変える予定なので、
実は色々と忙しかったりする。
チーズ作りのノウハウも新人さんに引き継がなきゃならないし、
自分は自分で色々準備をしていかなきゃ。

コメント

No title

いよいよ心機一転、また夢に向かって前進ですね。
頑張ってください。
私としては、こんなにも素晴らしいチーズ作りを
家庭だけで楽しまれるのはもったいない!
全国の人々に流通させてほしかったなぁ!と、少々残念です。
御活躍をお祈りしております。

さて、報告報告と思っておりましたが忘れてました。
昨年の暮れにワイナリーのHP?から、
清美と山幸とセイオロサム、お奨めの?ブルーム入手しまして、
正月に堪能しました。
清美とセイオロサムは経験済みでしたが、
初めての2品、かみさんと共にたいへん気に入りました。
また、落ち着いたら大量発注したいと思っております。
では。

2011年04月02日 07:49 from Kenny 爺URL

Kenny爺さんへ

ありがとうございます。

そうですね、ただ、一従業員として出来る事は限られていて、
あくまで自分の夢を投影できる仕事をしたいとも思うんですね。
奥尻ワイナリー時代も、そして今のチーズ工房時代も、
私は任されていた部分もあったとは言え、
所詮、組織の歯車の一つに過ぎないわけです。
本当に自分の想いや夢を具現化したものとなると、
私自身が経営陣に入らないと結局無理なんだと分かりました。
それと、自分をどれだけ必要としてもらえるのか、
そういった部分もやっぱり大事ですしね。
私自身は決断しない事で後悔したくは無いので、
この先の苦労があったとしても、
決断した自分を評価したいと思っています。
いつの日か、自分の造りだしたワインやチーズを、
色んな人に楽しんでもらえる日が来るなら、最高ですね。

ブルームは本当に大変な手間と時間がかかる代物ですし、
価格以上の価値があるんじゃないかなと個人的には思います。
山幸は山幸で、山葡萄の特性が強く出てて、
野趣溢れる、そしてコクや渋みのある、
通好みのワインじゃないかなぁと。
香りの良さは清見に劣る気はしますけど、
味そのものは私も山幸の方が好きですね。

2011年04月02日 09:38 from 奥尻キンタローURL

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4408-1d53b0a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。