スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モッツァレラ&さけるチーズ作り

2011-miyagi009.jpg

2011-miyagi010.jpg

2011-miyagi011.jpg

今日の研修はいよいよチーズ作りの実習が入ってきて、
モッツァレラとさけるチーズ作りをした。
チーズは子牛の第四胃の仕組みを再現して作っていて、
乳酸菌という生き物が作り出すだけに些細な違いで大きく出来が変わり、
同じものは絶対に作れないものでもある。
だからこそ難しく、かつ興味深いものかなぁと。
技術や知識だけではなく、微妙な感覚なんかも掴めたらと思う。

コメント

I LOVE CHEESE

ちーず、好きすぎです・・・
常にKiriのクリームチーズが冷蔵庫にあります。
前はナチュラルチーズで、
その前は裂けるチーズでした。
クリームっぽいものほど体には良くないのだろうか?

2011年02月17日 00:34 from LisaURL

Re:I LOVE CHEESE

そんなにチーズ好きなんですね~。
日本人はまだまだチーズ好きが少なくて、チーズが食文化として根付いてはいませんが、
あくまで日本人の舌にあったチーズ、
欧米のものまねだけではない、日本のチーズを作り出すのが大事かなとおもいますね。
ちなみにさけるチーズは日本独自のチーズで、面白い存在なんですよ。

クリームチーズといえどチーズはチーズ、健康には良いものです。
私もKiriのクリームチーズはよく使いますよ(苦笑)。
チーズは医食同源の見本となるような発酵食品で、
薬品ではなく菌や酵素の不思議な働きで、乳という液体が固体になります。
この原理はまさに奇跡的で、他の食品にはない特徴ですね。

2011年02月17日 05:27 from 奥尻キンタローURL

No title

美味しそうですね~v-10
涎出そうです(≧¬≦)☆
なんだか繊細なチーズのお話を聞くと可愛いな~って
思いましたv-238
愛ですね・・・v-254

2011年02月17日 06:26 from cocoroURL

cocoroさんへ

チーズは商品になっても生きてますからね~。
乳酸菌は頑張り屋ですし、酵素も不思議な働きをします。
愛情かけて手間暇かけてやれば応えてくれる面白い食べ物です。
奥が深いんですよ~。

2011年02月17日 15:57 from 奥尻キンタローURL

おお~

>薬品ではなく菌や酵素の不思議な働きで、乳という液体が固体になります。

マーガリンとは違うんですねー
kiriのクリームチーズ、マーガリンっぽい感じなので、
やや警戒していましたが、じゃあ遠慮なくw今、2コ増量なのです~

2011年02月19日 19:22 from LisaURL

Re: おお~

マーガリンは植物性油脂を練り固めたもので、全く違うものなんですよ。
ちなみにバターよりマーガリンの方がいいというのは大きな間違いです。
バターは生乳を主原料として飽和脂肪酸を持ってますが、
マーガリンも不飽和脂肪酸(常温で液体)に化学処理をして、
結局は飽和脂肪酸(常温で固体)に変化させています。
一番問題なのは、このときにトランス脂肪酸という特殊な脂肪酸が出来、
このトランス脂肪酸が痴呆や心臓疾患、各種アレルギーの原因となり、
身体に悪いのではないかということが分かったんですね。
コレステロールを気にしてバターからマーガリンに変えることは、
逆に健康に悪い事をしているという事でもあるわけで、
世間の常識は必ずしも正しくはないのはもちろん、
マスコミや業界は都合の良い事しか伝えない事は普通にあります。
まあ結局、マーガリンが人造バターと言われるように、
自然の原理に逆らって人工的に作り出されるものは、
何らかの副作用があると思って間違いないでしょう。
チーズなんかは動物が液体である乳を効率的に消化するため、
胃の中で乳酸菌と酵素の力を借りて自然の原理で固体化しているもので、
チーズ作りとはその現象を胃の外で再現したものに過ぎないんですよね。
自然に起こっている現象ほど奇跡的なものはないと思いますよ~。

2011年02月19日 22:49 from 奥尻キンタローURL

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4358-bbffb0fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。