スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の陽気?

2011-mori010_20110203093619.jpg

晴れ

毎日快晴の中標津
しかも今日は3月並みの気温になった。
最低気温は氷点下10℃、最高気温が3℃、真冬日から見事脱却。
この時期は最低気温が氷点下15℃、最高気温が氷点下5℃位なので、
これだけの気温になるとかなり暖かく感じる。
達もいつも以上にのんびりまったりしたように感じるのは、
きっと人間側の勝手な解釈だろうとは思うけど(苦笑)。

北海道に来るまでは冬は寒いだけのイメージだったけど、
実際に住んでみて、冬は大好きになった。
これだけ気温が低くなっても、風が無く太陽の陽射しが暖かいので、
実際に感じる体感温度はそれほど低くはないため、
東京とかで寒風にさらされて歩いてる方が辛かったりする。
建物についても気密性が高く、道外の家とは比較にならない位暖かいため、
実際、愛媛の実家にいた時の方が寒いと思った(笑)。
さらに薪ストーブなどを使えばコストは限りなくゼロ円に近づき、
炎の揺らめきも楽しめ、料理も出来るし、灰は畑の肥料にもなるわけで。
雪が適度に降り、太陽によって輝ける世界となる冬は、
地平線の彼方まで続く一面の銀世界、樹氷や樹霜、ダイヤモンドダスト、
星座が判別出来ないほどの満点の星空と沢山の流れ星、
月光が雪に反射して明るく、十分活動できる幻想的な夜など、
この世のものとは思えないほどの美しさがあり、
こういった道東の冬の魅力が知られてないのがとても残念かな。
雪かきもほとんどしなくて良いし、快適な冬の毎日なのですよ。

コメント

No title

魅惑の北海道よ….
本当に美しいですよね…
あぁ~…地球…生きてるわ~♪
とか,
私生きてる…素晴らしいわ…
とか、
あらゆる生命体と共にこの地に立てていることに
感謝の気持ちでいっぱいになるっていぅか^ー^*、
北海道,昔は寒い土地…
そして,海の幸~♪としか感じなかったですけど
ここ数カ月の間,北海道で暮らすのもいいなぁ~♪
いつか住んでみたいな~^ー^*と
思うようになりました。
色々知らない土地にいくと,なかなか大変な事とかも
沢山あるかもですけど
でも素晴らしい景色を眺めて
世界と生物たちと一体化になれることが
夢だな~と最近感じます^ー^*
ご飯美味しそうに食べてる姿が
輝いて見えます^ー^*♪

2011年02月04日 13:53 from cocoroURL

cocoroさんへ

ここに暮らしていると、日常そのものに癒されるんです。
自分は自然に生かされているという当たり前の事に改めて気付かされ、
命に心から感謝出来るようになるし、
自然の美しさ、恵み、力強さに畏敬の念を自然に抱くようになります。
北海道はみんな開拓者ですので、移住者を受け入れる下地があり、
そういった面ではとてもやりやすい自由な風土があります。
大いなる可能性を秘める大地、自分と向き合える自然、
苦労もありますが、それ以上の喜びや生き甲斐を見い出せるんですよね。
お金が無くても創意工夫と努力で何とでもなる、
そんな風に前向きになれるのはこの大地の懐深さだと思います。
特にここ中標津周辺は最も北海道らしい雄大なところですし、
ここに来る人は人生観が変わるそうです。

2011年02月05日 11:58 from 奥尻キンタローURL

j北海道は故郷ではありませんが、いつか戻りたいと思わせるところですね。

奥尻キンタローさま。
思いっきりうらやましいです。
いろんなしがらみもあり、北海道への再移住はいざとなるとなかなか難しいです。自然に生かされてるのですよね。本州に住んでいるとそういうことを忘れてしまいます。冬の知床連山は神様が本当に住んでいそうで神々しかった。羅臼を離れて改めてその価値に気づかされました。中標津の養老牛温泉の露天風呂(浴槽の下に玉砂利が敷いてあるところ)も好きでした。標津の林道を走り回り、金山スキー場裏に出てくるルートも好きでした。
それに知らない人同士で助け合うことが北海道では普通でした。冬に路肩に落ちたことが何度もありましたが、その度に通りすがりの車に引っ張り上げてもらい、助かりました。それで、私も北海道に住んでた頃は、そういう事故を起こした車を見かけたら、自分にできることはないか、声かけする習慣がつきました。
家のローン払い終わって子供が巣立ったら、また移住したいなあ。その頃まで道東よ、もってくれ…という気分です。中標津は大丈夫でしょうね。何かでみた人口推移予測で、中標津は人口増えてましたから。

2011年02月05日 17:01 from fumichanURL Edit

Re: 北海道は故郷ではありませんが、いつか戻りたいと思わせるところですね。

中標津周辺は本当に自然の美しさが凝縮した地域だと思いますね。
自然ってこんなに感動的なんだと毎日のように思います。
作られた観光地ではなく、ありのままの自然が最大の魅力であって、
だからこそツアー客ではなくライダーなどが集まってくる土地なんだと思います。
おっしゃってるようなところだけじゃなく、
普通に見られる光景がどこでも絵になる美しさがあるのは凄いですよね。

中標津は周辺に大都市の無い町村でありながら人口を増やしている珍しい町で、
若者の割合の高さは全国的にもトップクラスという活気のある田舎です。
確か東京とかよりも若者の割合は高かったはずですよ。
これは空港の誘致に成功し、根釧原野の物流の中心として栄え、
基幹産業が農業であるようで実は商業も盛んといところからも分かります。
全国見渡してもこんな町は他にはないでしょうね。
大都市のベッドタウンとして人口を増やす町村はありますが、
単独で人口を増やし、若齢者が多く、過疎とは無縁というのはすごい事で、
田舎町でありながら札幌や東京へは飛行機ですぐに行ける便利で奇特な町ですね。

2011年02月05日 20:57 from 奥尻キンタローURL

No title

本当にその通りですよね!
道東の冬はキレイです。友達も遊びに来るなら毎日感動できる冬がお勧めだよ!とは言っても誰も冬には本当には来ませんが┐(-。ー;)┌
今年は雪も少なく寒さも厳しくなく、雪上乗馬はできないかも?馬達の川の氷割りも今年は楽勝!今日は張ってもいませんでした。
立春を境に馬達の毛も抜け出したし、しっかり春が来てますね?

2011年02月07日 15:08 from eyeURL

eyeさんへ

そうなんです。
冬の魅力を伝えても、寒さに腰が引けてるのか、
わざわざ真冬に来てくれる人はごく少ないです。
でも来てもらったら絶対感動するし、
想像していたほど寒いものでもないんだなとわかってくれるんですけどね。
この魅力は言葉では言い表せなくて、
実際に本人が感じてもらうしか分かってもらう事は出来ないです。
この冬の魅力に取り付かれたら、
春・夏・秋じゃあ物足りなくなりますよね(苦笑)。
そんな冬にあえて来られる位の好奇心を持ってもらえたら、
もっともっと自分の世界が広がると思うんですけどね~。

今年の冬は本当に雪が少なく暖かく、過ごしやすいですよね。
2月に入ってからますます春の訪れが近いのを感じています。

2011年02月07日 20:17 from 奥尻キンタローURL

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4339-ae78eb46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。