スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

削蹄

2010-mori393.jpg

2010-mori394.jpg

私の愛、ポーレとレザンは私自身が削蹄しているけれど、
KO君に譲った元愛3頭は削蹄を削蹄師さんに頼んでいるようで、
十勝忠類の蛭川さんが朝やって来た。
せっかくなので削蹄を見せてもらっていたんだけど、
基本的には剪鉗(せんかん)で蹄の伸びた部分を切り取り、
後は鉄ヤスリで綺麗に整えて終わり。
まあ私が普段やっているやり方と同じだったかな。
我が家の達は蹄鉄を履かせていない(履かせる必要が無い)し、
それなりに大人しく足上げもしてくれるようにしているので、
枠場にを入れる必要もないし、
剪鉗と鉄ヤスリで1頭15分もあれば終わる作業。
マメにやれば手間もかからないし、問題も起こらないので、
一応、私は年に3、4回するようにはしているかな。
以前は鉄ヤスリだけでやっていたり、グラインダーを使ったりもしたけど、
結局、剪鉗&鉄ヤスリが一番楽な気がする。
ところで蛭川さんとはそんなにゆっくりお話しする時間もなく、
家に上がってもらう事もないままだったけど、
いずれ落ち着いてゆっくりとお会いしたいなと思う。
自らでも飼ってるみたいだし、
出来れば忠類のお宅まで伺ってみたいなぁ・・・。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4218-49649971

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。