スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーレの避暑地

2010-mori254.jpg

2010-mori255.jpg

2010-mori256.jpg

晴れ時々曇り

相変わらず暑い。
裏山へポーレに会いに行ってみると、森の中で避暑している事が多い。
私の姿を見つけるとすぐさま寄ってきて、
目をトロンとさせて私の衣類を甘噛みし、じゃれてくる。
この場所は夏は暑さを凌ぎ、冬は寒さを凌げるところで、
青苗岬が綺麗に見渡せるなかなかのロケーション。
ただ、わざわざここまで登らないと海が見えないため、
ここにいるとどうもに住んでいる気がしないんだよなぁ・・・。
家自体が水田や山に囲まれているため、
日本の原風景は楽しめるんだけど。
での暮らしを想像すると、私の中では海の傍の家が出てくる。
でも奥尻は市街地は防潮堤に囲まれ、
なかなか家から海を眺められるところって少ない気がする。
いつか海を見渡せるようなところに住んでみたいと思うのは、
ちょっと贅沢かなぁ・・・。

コメント

No title

相変わらずポーレは可愛いですね。海が見える家と聞くと、私はどうしても瀬戸内海が見える家を連想します。
以前、手伝いに行っていたある島の乗馬クラブは、高台にあってみかん畑と瀬戸内海が見渡せていました。のどかだったなぁ・・・

2010年09月01日 20:46 from きゃさりんURL Edit

きゃさりんさんへ

ポーレはいつまでたっても子供です。
無邪気というか、やんちゃというか、それが可愛いんですけどね。
どんなに心が荒んでいても、自然と笑顔がこぼれるような、
今の私にはとてもありがたい存在です。

そうでした、きゃさりんさんは島の乗馬クラブにいらっしゃったんですよね。
瀬戸内ののどかさって何か独特ですよね。
みかん畑、穏やかな海、燦々と輝く太陽、そして行き交う船。
海を見てると心が穏やかになるのはなぜでしょう?
海は懐が深いんでしょうね、私もよく癒されています。

2010年09月01日 21:40 from 奥尻キンタローURL

No title

私も海の見える家に憧れておりました。
落石に知り合いがいて、
ユルリ、モユルリの見える丘が大好きでした。

2010年09月02日 07:50 from Kenny爺URL

Kenny爺さんへ

海の見える家って何で憧れるんでしょうね。
落石からの景色も素晴らしいですよね。
無人島であるユルリ島は野生馬の楽園になってて、
種雄馬がハーレムを作り、子馬ももちろん自然分娩で、
冬も雪を掘って笹を食べて凌ぎます。
条件が良い時は、かすかに馬の姿が見えたりするんですよ。

2010年09月02日 18:43 from 奥尻キンタローURL

No title

そうそう、馬がいましたね。
極寒に耐える馬達の映像、印象的でした。
いつか渡ってみたいと思っておりますが、
いまだ未体験です。

2010年09月06日 07:23 from Kenny爺URL

Kenny爺さんへ

今やユルリ島は特別な許可がないと上陸出来ないみたいですね。
私もずっとあそこへは行ってみたいと思いつつ、
結局実現出来ないままでした。
ユルリ島で自然繁殖する馬達を血統登録するのであれば、
私が登録審査員だったので上陸できたんですけどねぇ・・(苦笑)・。

2010年09月06日 14:26 from 奥尻キンタローURL

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4103-c3b24e5e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。