fc2ブログ

アメリカ・カナダの馬産事情について

馬講習会’2004.2.10

根室管内馬担当者会議の中で、
アメリカ・カナダの馬産事情についてという内容で講習会を行った。
アメリカのアーミッシュの生活は自分の中では結構理想的だ。
近代文明を拒否し、電気や車のない社会。
移動や農業に馬が活躍しているのが何とも言えずいいな~と思った。
各家庭に馬が2頭ずつくらいいるそうで、
一番大きなアーミッシュの集落では3000戸数万人がいるとのことなので、
馬の数にして6000頭がそこにいるのだ。
駐車場?に馬車が並んでいる様は壮観ですらある。
カナダのロイヤル・アグリカルチャラル・ウインター・フェアは是非一度行ってみたい。
10日間に渡って行われる農業祭で、
馬を始め牛、豚、羊、鶏、ありとあらゆるものがそこに集結するらしいが、
あくまでメインは馬。
18時以降が特に見物だそうで、
障害馬術、馬場馬術、馬車ダービーなどは大人気だそうな。
北海道でもこんな農業祭が出来たら素晴らしいのになぁ・・・。
北海道庁が動くとは思えないけど(苦笑)。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/41-cf05b42c