スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥尻の海

曇り

午前中は裏山ではポーレと、表の放牧地ではレザンと戯れる。

2010-mori243.jpg

2010-mori244.jpg
ポーレとじゅんさん。

2010-mori245.jpg

2010-mori246.jpg
レザンとじゅんさん。
水田と牧場が混在する風景が個人的には好き。
奥尻は離でありながら水が豊富で、稲作が出来るのがすごい。
写真の通り、水田は稲穂が垂れ始め、日本の原風景を楽しめる。

昼食を青苗の食堂「潮騒」でとり、午後からはひたすら水浴(笑)。
じゅんさんらしい。

2010-okushiri042.jpg
奥尻はとても美しく、
岩という岩にはどこもびっちりムラサキウニが付いている。
気をつけないとウニを踏んでしまうくらいの密度。
いや、足の踏み場が無いと言った方が正しいか?

2010-okushiri043.jpg
じゅんさんはこれほど泳いだ事はないそう。
なかなか奥尻のような環境に居ないと泳がないよなぁ。

2010-okushiri044.jpg
小魚も泳ぎ、結構近くまで寄ってくる。
奥尻は陸もも毒のあるような危険生物がいないので、
安心して泳げるというのもまた魅力かな。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4094-c8dd78cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。