スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レザンに乗馬~3回目~

2010-mori179.jpg

2010-mori180.jpg

2010-mori181.jpg

曇り時々雨

今日は賽の河原祭の代休を頂いてお休みのため、用足しとレザンに乗を。
朝から雨が降っていたものの、日中は雨が止み、曇りで時折陽が射すような天気。
奥尻へ参議院選挙の期日前投票へ行き、役場等へも用事があって訪れる。

お昼過ぎに帰宅したらすぐ、我が家の前の放牧地の草刈り。
雑草が目立っていたのと、レザンに乗るためのスペース作りの意味合いもあり、
もうこれ以上ドクガの毛虫にやられたくないため、つなぎを二重に来て、
ギシギシやヨモギなど、が食べ残している部分をある程度刈り取った。

そしてそのまま我が家の前の放牧地にて、mikuさん共々、レザンに乗
装も慣れたもので、もうまったく不安点は無い。
レザンに跨る際も、コンテナから乗っていたけど、
普通に鐙に足をかけて乗っても大丈夫だった。
今回は速歩にも挑戦。
出せるには出せるけど、速歩になった途端、
レザンが口を地面すれすれになるまで首を下げてしまうので、
強く推進したり、ツーポイントで緩くハミとのコンタクトを取ったりして、
首を上げさせるようにやってみる。
やっぱりまだまだ新、それも3回目の騎乗であるため、
あまり手綱を強く持ってハミ受けを意識したりする段階では無い様で、
極力レザンの邪魔をしないように、手綱は緩めで乗るようにしてみた。
やがて首も少し上がっている時も出てきて、多少良くはなったかな。
ただそんな感じで試行錯誤して乗ってたら、
レザンがぶれた瞬間に鞍がクルッと回り、私が落
何年ぶりだろう、この痛さ(笑)。
痛かったけど、レザンは暴れる事も無く、手綱を放さないで済んだ。
腹帯がレザンには長すぎて、きつく絞められない為、とっても不安定なのだ。
もっと短い腹帯を新たに買わなきゃ、いつまた同じ事が起こるか分からない。
それに馬にとっても腹帯が緩いと、背中が鞍ずれを起こしてしまうだろうし。
その後、再度跨り、また同じような場所で今度はレザンが足を取られて転倒、
私ももちろん放り出されたけど、人も馬も何ともなかった。
まだまだ直進性はなく、特定の方向に流れたり、フラフラしたりしてるけど、
とりあえず乗れるかなといった感じ。
二重に来たつなぎで騎乗すると、身動きが取り辛かったので、
今度からはmikuさんのように、
ちゃんとキュロット履いてチャップス付けようかな。
そうしないとやっぱり馬を感じにくいし、細かい扶助を出し辛いのだ。
今後の課題は、首を下げさせない事、直進安定性を持たせる事、
速歩での綺麗な輪線運動を描かせる事、
軽い扶助に対する敏感な反応を少しずつ得られれば良いなと思う。
まあ3回目にしてここまで要求するのはレザンにとって酷かもしれないけど、
順応性が高く、学習能力も高いので、ついつい欲張ってしまう。
でも焦る事無く、人も馬も共に成長していければ良いかな。

コメント

調教は順調に進んでるようですねー
本当は短時間でも毎日乗った方がいいんでしょうけど、間が空いてもちゃんと乗られる事を覚えていってるレザンは賢いですね。

2010年06月30日 13:35 from エムURL

エムさんへ

そうですね、毎日乗れれば理想なんですが、
何せ朝6時半には会社に行かねばならず、平日はまとまった時間が取れなくて。
おまけに自分の畑の管理もあるので、手が回ってないんですよね。
だから唯一の休みである週に1回、乗れるか乗れないかといった感じでして、
ゆっくりとしたペースでしか調教も進まないです。
レザンは頑固ですが物覚えが良いので、助かります~。

2010年07月01日 12:48 from 奥尻キンタローURL

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4037-3158e207

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。