スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葡萄畑と毛虫

2010-mori176.jpg

2010-mori177.jpg

2010-mori178.jpg

雨後曇り

今日は休日だったので、裏山葡萄畑の草刈りへ。
いつものように軽トラで裏山へ上り、牧草地へ入っていくと、
いやはや前にも増して毒蛾の毛虫がうようよいる。
特にギシギシやイタドリの葉に群生していて、
もう葉がなくなり、葉脈だけになっているところも。
おまけに葡萄の葉まで食べてしまっていて、被害甚大。
せっかく挿し木して出てきた新芽がかなりやられてしまっていた。
ドクガの毛虫は近づくと目に見えない毒毛針を何千本も放射し、
肌を露出していなくとも衣類を通じて炎症を引き起こす。
その恐怖は去年散々味わったんだけど、それでも草刈りをしないわけにもいかず、
気合を入れて葡萄畑の草刈りに精を出した。
もう草刈りをしている最中から腕や内股、顎などがチクチク痒くなってきて、
帰宅してつなぎを脱いでみるとご覧のとおり、赤い発疹がたーくさん。
もの凄く痒いし、掻くと広がってしまうので、
まずはガムテープで目には見えないけど刺さっている毒毛針を剥ぎ取り、
シャワーを浴びて薬を塗っておいた。
3、4日間は痒さに苦しみ、赤い発疹が消えるまでは1週間はかかってしまう。
このドクガの毛虫対策、良い方法があったらお教え下さいませ。
もう毛虫は嫌だ・・・。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4036-0d4ecfcc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。