スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館~4日目~

曇り

函館滞在最終日。
通院、買い物後、フェリーで奥尻に戻る前に、江差のかもめへ。

2010-esashi007.jpg

2010-esashi008.jpg

2010-esashi009.jpg

2010-esashi010.jpg

ここはとは言え、陸続きになっていて、
キャンプ場であり、海水浴場であり、また釣りのスポットでもある。
全て無料なのがとても良心的。
階段を上ると、広い芝生のキャンプ地が広がっていて、
ここからの夕日や江差の夜景、開陽丸のライトアップも綺麗。
そしてロケーションも素晴らしい。
でもまあ奥尻にいれば、ここのロケーションも霞んでしまうわけだけど。

2010-esashi011.jpg

そしてかもめのすぐ近くには、復元された開陽丸という帆船が係留されていて、
中も見学したり出来る。
開陽丸は江戸時代末期、徳川幕府の所有する最新鋭の強力な軍艦であり、
力を失った徳川幕府が北海道へ逃亡し、
新撰組と共に蝦夷共和国樹立を目指して戦った旗艦でもある。
でもこの開陽丸、大きな戦果を挙げないまま、江差沖で座礁、沈没してしまい、
最後は函館戦争で五稜郭が陥落、蝦夷共和国樹立の夢は儚く散ってしまった。
もしこの開陽丸が座礁、沈没しなかったら、どうなっていたんだろう。
北海道は日本ではない、蝦夷共和国として独立できていたんだろうか。
歴史に「もしも」は無いけど、それを考えるのは結構面白い。

フェリーで奥尻に戻り、帰宅。
エノコロはいつものように寂しくてギャオギャオ鳴いてお出迎え(笑)。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4028-447723b1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。