スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レザンへの騎乗~2回目~

2010-mori161.jpg

2010-mori162.jpg

2010-mori163.jpg

晴れ

今日は休日で、午前中は裏山の葡萄畑で番線張りと草刈り、
午後からは家の周りの草刈り、そして2回目となるレザンへの騎乗。
レザンにハミ付け、そして鞍付けをするが、
2回目なのにすっかり慣れたらしく、全く驚いたり怯えたりする気配は無い。
そのまま我が家の裏手に移動して、
mikuさんがレザンの背に跨り、最初は引きで行ったり来たり。
これも何の問題も無かったので、引き手を離し、普通に騎乗となった。
最初の内はまったく扶助が分かっていない事から、
レザンも戸惑っていたんだろうけど、
お腹を圧迫されれば前進、手綱を引かれたら停止、
左腹を圧迫されれば左へ、右腹を圧迫されれば右へ、
といった事はすぐに理解したらしく、ものの数分で順調に動くように。
まだ左右へふらついたり、首を巻き込みがちではあるけど、
暴れたりは全くしないし、とても良い子。
調索もしていた事から、音声にもちゃんと反応するため、
拳、腰、脚の扶助と音声をうまく連携させれば、覚えも早いだろう。
しかも並足だけじゃなく、速足も勢いで少し出ていた。
mikuさんの後、私も騎乗。
前回のように引きで乗るだけじゃなく、
自分の意思で動かせられるというのは素晴らしい。
しかもまだ2回目にしてこれだけ出来れば最高だろう。
また次に乗るのが楽しみだ。

コメント

熊本で軽種馬を飼っている知明です。
ときどき的確なアドバイスもいただいており、大変助かっております。
新馬調教の時からブログ拝見させていただいておりますが、とても参考になります。mikuさんの騎乗姿勢もすばらしいですね、馬術の教科書を見る思いです。

2010年06月16日 18:46 from 知明URL

知明さんへ

私達も常に試行錯誤なので、必ずしも正しいという事はないでしょうが、
常に人目線ではなく馬目線で考えるようにと心がけてはいます。
きちんと人と馬との信頼関係を築いた上で教えていけば、
馬も安心して新しい事も受け入れてくれるものだと思いますね。
今後とも宜しくお願いします。

2010年06月17日 12:44 from 奥尻キンタローURL

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/4021-68a37d95

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。