スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タランボ

2010-cook044.jpg

曇り

フキノトウ、キトピロ、ヨモギに続き、タランボが採れるようになった。
タランボとは、棘のあるのタラの木の新芽の事で、クセのない山菜であり、
この新芽、あるいは樹皮には、健胃、強壮、強精作用があり、糖尿病に効く。
ちょうど桜の8分咲きの頃に採れるもので、
タランボは根元から折るようにすると、パキッと簡単に採れる。
タランボは去年伸びた枝につくものの、一定の時期を過ぎると出てこなくなるため、
同じ木から、後から出てくる芽も含めて全ての芽を摘み取ってしまうと、
翌年新芽を出す事も出来ず、枯れてしまう事になる。
基本的に日当たりの良い場所を好むため、
森林の縁とか、伐採跡なんかに生えてきて、すごい勢いで伸びる。
冬、雪に覆われたとき、トゲトゲの棒状に直立する姿が目立つので、
そういう時期に目星をつけておくというのも一つの方法。
写真はタランボとヨモギの天ぷら。
ヨモギ同様、タランボの天ぷらはとても美味しく、体に良いものなんですよ。

コメント

プリボンパパです。
タランボの芽うまそ~~
奥尻にいた時、よく山で採ったなぁ~~
こちらでは、これからですねっ。
この間山に行ったんですが、まだでした。キトビロを少し採ってきました。葉はひらいてました。奥尻は、やっばり山菜の成長はやいねぇ~~

2010年05月12日 17:23 from プリボンパパURL Edit

プリボンパパさんへ

タランボはクセもなくて美味しいですよね~。
奥尻は島なので雪も少ないですし、雪融けも早いので、
色んな意味で同じ北海道とは思えないです。
奥尻でも場所によって早い遅いはあるので一概には言えませんが、
ウドや笹タケノコもすでに採れているようですよ。

2010年05月14日 12:41 from 奥尻キンタローURL

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/3986-1e86b220

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。