スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育苗開始

2010-mori108.jpg

晴れ後曇り

一昨日、今年も去年同様、ビニールトンネルを張って育苗を開始した。
ポットに土を入れ、色んな種を蒔いて定植まで育てていく。
今年はサツマイモがメインだけど、それは挿し穂が6月に届くし、
ジャガイモや大根は育苗しなくても直蒔きでいけるので、
それ以外のものを蒔いていく。
それぞれの品種特性をまとめてみると・・・

「ビーツ・Crapaudine」
円錐形のビーツで、表皮はザラザラとした黒色、果肉は紅赤。
熱にかけると独特の甘味があり、煮込むとスープは真っ赤に染まる。
秋に収穫し、冬の間の長期保存用として重宝し、
ボルシチの最も大切な材料の一つ。

「バジル・ナポリターノ」
南イタリアナポリ地方で古くから栽培されている品種。
ダークグリーンで火ぶくれしたような大葉が特長で、大変に柔らかい葉を持つ。
他の大葉タイプのバジルに比べ、風味と芳香が格段に凝縮されている。

「カボチャ・Red Kuri」
果実はしずく型、平均果重:1.8Kg-3.0Kg。
果肉は滑らかでパンプキンパイやピューレに最適。
ポティマロン系パンプキンの中では味、風味ともに最上品種。
果肉はバタースコッチ色、1株で2~3個収穫。

「イボイボズッキーニ・Friulana」
イタリアでも特にヴェネト地方の地元店や市場で見かけるズッキーニ。
実が締まって煮崩れしないズッキーニで、
外見はゴーヤのようにイボイボで美しくはないけれど味は絶品。

「絹莢・あずみ野」
病気に強く、低い位置から着莢する極早生種。

その他、試供品のナス、赤紫蘇も。
毎年、これはというものを除いて同じ野菜やハーブでも品種を変え、
良かったものは種を取って翌年に繋げるようにしている。
去年は印象的な品種がなかったので、今年は初めてという品種がほとんど。
どれもどんな風に育つのか、とても楽しみだ。

コメント

はじめまして
函館に住んでいるプリボンパパと申します。
自分は、奥尻町出身です
いつもこちらを見ていました♪
奥尻にも春が来ましたねっ
これからちょくちょく遊びに来ますねっ
がんばってください。

2010年04月28日 17:59 from プリボンパパURL Edit

プリボンパパさんへ

はじめまして、そしてコメントありがとうございます!
奥尻に縁のある方とこうして繋がりが出来る事を嬉しく感じます。

春とはいえまだ朝晩はちょっと肌寒いですが、
山が少しずつ緑に覆われ始め、
山菜採りをしたり畑作業をしたりするのは喜びですね。
もう少しで桜も開花しますし、ゴールデンウイークにもなってくると、
キャンプもしたくてウズウズしてしまいます(苦笑)。
早く畑作業も一段落させ、テントを引っ張り出してきたいものです。

函館も、実際に見たことは無いですが、五稜郭の桜は綺麗ですよね~。
函館は都会ではありますが、歴史も情緒もあり、好きです。

時々日記ネタに苦しんでる事はありますが、
これからもどうぞ宜しくお願いします。

2010年04月29日 12:35 from 奥尻キンタローURL

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/3972-59878079

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。