スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福徳岡ノ場にて新しい島?!

ioujima.jpg
赤く尖っている部分が南硫黄島、その右上の赤い部分が福徳岡ノ場。

東京から南に1,300km、南硫黄島の北北東約5km、
福徳岡ノ場と呼ばれる海底火山にて噴火が起こっており、
もしかしたら新しい島が形成されるのではというニュースを見た。
福徳岡ノ場とは、直径10km、高さ2000mを超える北福徳カルデラの中央火口丘で、
南硫黄島は、そのカルデラ縁にできた寄生火山のようなものなんだとか。
福徳岡ノ場では、20世紀には行ってから、
1904年、1914年、1973年、1974年、1986年、1992年、2005年と、
7回の噴火が起こっており(今回が8回目の噴火)、
この内、1904年、1914年、1986年には実際に新島も出現し、
「新硫黄島」と命名されたものの、波浪によっていずれも消滅してしまったとか。
特に1914年の際には、高さ300m、周囲11.8kmという大きな島に成長しており、
波浪による侵食で無くなってしまうまで、約2年間存在していた。

一般的に、火山礫が堆積しただけの火山島は、
太平洋の荒波によって簡単に侵食されてしまうらしく、
火山島として半永久的に残る為には、ハワイなどがそうであったように、
溶岩が噴出し、堆積している火山礫が火山本体に溶着しなければならないそう。

専門家によると、今回の噴火で新島が出現する確率は五分五分、
しかも近年、海底隆起で周辺水深が22メートルまで浅くなっているらしく、
安定した島になる可能性は充分にあると言う。
もし、安定した「新硫黄島」が出来るとしたら、
そこは日本の領海内であり、無条件に日本の領土となる。
今後の経過が楽しみだ。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/3898-5cf153b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。