スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記録的に寒い立春

2010-okushiri003_20100205075510.jpg

2010-okushiri004.jpg

曇り 最高気温-5.4℃ 最低気温-9.2℃

今日は立春、暦上は今日から春・・・なのに何でこんなに寒いのか?
一昨日より滅茶苦茶寒い。
一昨日は、最高気温-5.0℃・最低気温-9.8℃、
昨日は、最高気温-8.0℃・最低気温-13.0℃。
奥尻で最低気温が氷点下13℃って、気象データを10年以上遡っても出てこない。
もしかしたら過去最低、少なくとも数十年ぶりの寒さだと思う。
凍結により、家の「中」の水道配管のパッキンが割れて水漏れして、
洗面所が水浸しになるし、凄い寒さだ。
北海道の冬、家の中の温度は全国一高いというデータはあるけど、我が家は違う。
基本的に、灯油代の節約もあって、ストーブを点けるのは寝室のみ、
しかも夜寝る時と朝起きる時の1時間ずつしか点けないので、
いつも家に居ながら外と温度は変わらず、吐く息は白いのだ(苦笑)。
もちろん中標津時代は氷点下25℃とか普通にあったので、
それを思えばまだまだ暖かいんだろうけど、
奥尻という地理的条件を考えれば異常な寒さには違いない。
ホヤ石の滝の凍り方も凄いし、
海は海で、海水温よりも気温の方が低くなっているために「けあらし」が発生。
ちなみに北海道の山間に位置する占冠村では過去最低の氷点下34.4℃を記録したとか。
春のような大寒、そして厳寒の立春と、寒暖の差が激しい今年の冬。
何なんだ、この気候は・・・。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/3886-0ea6f46d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。