fc2ブログ

ホンダのF-1からの撤退

雨 最高気温12.6℃ 最低気温0.6℃
ホンダが経営悪化を理由にF-1から撤退するというニュースが流れた。
そもそもホンダは、優秀なドライバーである佐藤琢磨を追い出し、
ろくでもないニックフライが指揮するようになってから低迷。
日本のメーカーなのに、実質的なチームの運営やドライバーはイギリスに握られ、
ちっとも日本を感じないチームになってしまっていた。
こういう地に足をつけないチームは去っても仕方が無いとは思うが、
それなら昨年撤退に追い込まれたスーパーアグリに一本化すれば良かったのにと思う。
スーパーアグリへの支援を打ち切り、なおかつ撤退とは情けない。
ホンダが撤退する事によりあぶれた来期のホンダドライバー候補、
ジェンソン・バトンとルーベンス・バリチェロ、さらにブルーノ・セナが、
佐藤琢磨の邪魔をしない事を願う。
スーパーアグリが撤退して浪人となっている佐藤琢磨は、
来期の復活をかけてトロロッソチームとの契約がいよいよまとまりそうな状況。
ホンダがダメだからとトロロッソに流れてこられては厄介だ。

コメント

本当にホンダのF1第3期は
散々な最後になってしまいましたねT_T
スーパーアグリを見捨てた時点で、
私自身、ホンダを嫌いになりましたが、
改めて撤退と聞くと、
諸行無常といった感じです。
ますますF1人気が低下しちゃいそうですね。。。

2008年12月05日 23:23 from よしURL

どうな

ホント、結局ホンダのF-1第三期は何か意味があったんでしょうかね。
佐藤琢磨やスーパーアグリの件でイメージは著しく悪化してますしね。
そもそもBARを買収したのが間違いだったのかもしれません。
もしトヨタやスーパーアグリのようにゼロから立ち上げていたのなら、もっと違った結果があったのかも。
毎年500億円以上もの大金をつぎ込んで、10分の1の予算規模のスーパーアグリの後塵を拝するなど、意味が分かりませんよね。
早い段階でスーパーアグリに一本化すれば、少ない予算で結果も出せたろうし、イメージ向上にもなったかと思っています。
まあ今となっては後の祭りですが、せめてホンダには佐藤琢磨のスポンサーになってバックアップしてくれればなぁ・・・。

2008年12月06日 18:05 from キンタローURL Edit

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/3439-44e9c101