fc2ブログ

北海道鉄道周遊の旅~その4~

朝、7時くらいに起床。
部屋でのんびり過ごし、8:45くらいにチェックアウトする。
おばちゃんにお会計をと言うと、「もう帰りたくなっちゃったのー?」と切り返され、
その後、数分間にわたって男はいつまでも子供なんだとか、女は男をたてるのがうまくいくコツだとか、
なにやら男女関係についてのウンチクを色々と聞かされ、とても面白かった。

宿を出て、まずは稚内駅へ。
稚内でもう一つ楽しみにしていたのは「うに壷」と「さいはてかにめし」という2つの駅弁。
キオスクを覗いてみると、発見!
売切れたら困ると思い、とりあえず買って持ち歩く事にした。

駅を出て次は稚内副港へと歩いてみる。
稚内副港市場という新たなスポットが出来ていて、
ギャラリー、資料室、土産物屋、魚屋、屋台村、さらには「港の湯」という温泉まである。
ホクレンショップにはロシアのビールが売っていたので、豊富牛乳と共に購入し、
ついでに電子レンジを使わせてもらえますか?と尋ねたら快諾してくれたので、
先ほど買った2つの駅弁を電子レンジで温めさせてもらった。
冷たいままでも駅弁は美味しいけど、やっぱり温めた方が好き。
駅弁屋で温めてくれるサービスを提供してくれたらありがたいのにと思う。

稚内では「ボリューム亭」という洋食屋さんに行きたかったんだけど、
残念ながら日曜日は休みになってたし、
結局、その店に代わるだけの魅力的なところが特になかったのもあって、稚内を出発する事にした。
ちなみに今日は、旭川まで行き、
そこから冬の流氷シーズンのみ運行している夜行特急で網走へ向かう予定なんだけど、
当初、稚内から旭川まで特急で行く予定だったものの、
江差線の普通列車に良い思い出が出来ていたのと、名寄駅の駅弁が気になったのもあって、
稚内駅から旭川駅まで普通列車で、おまけに名寄駅で途中下車する事にした。
10:58、稚内駅を普通列車で出発。

宗谷丘陵’2008.2.3

雄信内駅’2008.2.3

車窓からは宗谷丘陵が美しく、
列車のすれ違いで数分間下りた雄信内(おのっぷない)駅は情緒があった。

14:19に名寄駅に到着し、お目当てだった「味噌豚丼」を買い、そのまま預かっておいてもらう。
サーベイ北海道という本を見て、「ファーマーズカフェ」に行ってみようと思い、駅から歩いてみる。
途中、ハロンズ名寄(ばんえい競馬の場外馬券場)を見つけ、繁盛していて嬉しくなる。

ファーマーズカフェはほどなく発見し、お洒落な店内へ入ってみる。
トルティーヤにケーキ、コーヒー等を注文し、美味しいし安いしで大満足。
暖かい雰囲気がとても心地良く、出来ればもっとゆっくりしたかったけど、
列車の時刻が迫っていたので、ちょっと慌しくなってしまった。
メープルシロップを使ったというファーマーズバーガーを食べてみたいし、
あえて名寄に立ち寄ってでもまた訪れたいなと思う。
素敵なお店に出会えてよかった。
マスターさん、ちびうなさん、どうもありがとうございました。
馬が好きとか、カナダに行ってたとか、色んな共通点がある事に驚いたし、
偶然ですが、素敵な出会いがそこにはありました。

ファーマーズカフェ http://plaza.rakuten.co.jp/farmerscafe/

ファーマーズカフェを出て、名寄の商店街を歩いていると、
「ブラジル」という洋菓子屋さんを見つけたので入ってみる事に。
プリンなどお持ち帰りで何点か急いで買って、名寄駅へ。

旭川駅’2008.2.3

15:49、名寄駅から普通列車で出発、17:22に旭川駅に到着。
計画では3条通り5丁目の「誠ちゃん」という居酒屋に行こうと思っていたけど、
店の前まで来て、重いバックパックを下ろしてゆったりくつろげなさそうなので断念し、
2条通り6丁目の「和楽村」という居酒屋へ行ってみる事にした。
掘りごたつの落ち着ける部屋で、日本酒を飲んだり美味しい料理を食べ、21時頃店を出た。
ちなみに旭川を出る夜行列車は翌4日の1:20のため、まだ時間がある。
どこかで時間をつぶさなきゃという事で、0:00まで営業しているモスバーガーへ。
店内でコーヒーを飲み、ポテトやコロッケバーガーを食べ、本を読んだりだらだらと過ごす。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/1605-dc6d7a1e