fc2ブログ

北海道和種馬保存協会・ポニー協会総会

札幌へ1泊の出張し、
北海道和種馬保存協会とポニー協会の総会に出席した。
今年度は役員の改選期にあたり、
八戸会長や元根室支部長である佐々木副会長などが降りることとなり、
新会長に渕山達男氏、
そして現根室支部長であり根室馬事振興協議会の会長である、
亀田氏が副会長のポストに就く事になった。
北海道和種馬にしろポニーにしろ、
乗用であったり愛玩用であったり用途が多彩であるけれど、
まだまだ馬全体をひっくるめてマイナーである。
北海道の人でさえ、
ばんえい競馬に走っている馬が道産子だと思っている人がいるくらいなのだから。
ばんえい競馬を走っている馬達は、
フランスのペルシュロン種やブルトン種などを基礎にして、
日本で交雑によりより強くより大きく改良してきた、
体重も1トン前後ある「日本輓系種」という品種。
そしてよく聞かれる道産子という言葉は「北海道和種馬」を指していて、
こちらは小格馬(ポニー)に分類される在来馬であり、
その姿形は輓系馬とはまったく異なっている。
その違い、知ってました?

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/114-397366a4