fc2ブログ

農業従事者になるには・・・

農地を所得するには農家(農業従事者)でなければならないのは周知のとおり。
サラリーマンである以上農業従事者としての認定を受けるのは無理だと思っていたが、
とある本に出会って必ずしもそうではない事が分かった。
第2種兼業農家でありながら農業従事者の認定を受けた人がいる。
自らが営農計画および収支計画書を作成し、
新規にその地域の農業委員会に認められた人がいるのだ。
俺もそれに習って中標津町の農業委員会の事務局にかけあってみた。
しかしまったく相手にされなかった。
農業というものは専業でなければならないと誰が決めたんだろう。
例え片手間であってもやっているのは農業である。
日本の農地を守るために農地法があるけれど、
その農地をちゃんと活用されるべく、
積極的に一般の人へ所得を許可するのも日本の農業を守る事になり、
日本の農業を発展させていく上で必要な事なのではないか。
もちろん悪用して農業以外に使用される危険性はあるけれど、
それはきちんと行政側が適正に使われているかどうかを頻繁にチェックすればいい事。
自給自足が農業の基本のはずであり、
それでお金を生み出さなければ農業でないというのは納得できない。
それに理解ある役場もあれば、
それに理解を示してくれない役場もあるという事。
ほとんどが後者なのだろうから今回の件もやむを得ない。
でもそういう人がいる以上あきらめたくはないし、
どうしても無理なら原野や山林を探すしかないだろうなぁ・・・。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kintaror.blog28.fc2.com/tb.php/111-dcae1ea7