fc2ブログ

子猫を迎えに空港へ

2013-obihiro017.jpg

2013-obihiro018.jpg

2013-grace238.jpg

2013-grace239.jpg

2013-grace240.jpg

晴れ後曇り 最高気温:25.6℃ 最低気温:13.5℃

急遽、とある縁があって子猫を迎えいれる事になり、
空輸されてくるため、とかち帯広空港へ向かった。
帯広空港を利用するのは帯畜大時代まで遡るので、
実に15年ぶりくらいになるのかな。
帯広空港の駐車場はまだ無料で頑張っていて、拍手。
釧路空港や女満別空港は有料化してしまったので、
これくらいの規模の空港で駐車場が無料なのは貴重かもしれない。
子猫を貨物ターミナルで引き取り、
ゲージを開けてみると、長旅で疲れたであろう子猫は元気そう。
この子猫は雌で、毛色は希釈三毛(ダイリュートキャリコ)、
名前はアズキと付けた。
帰宅後、まだ環境に慣れなくて部屋の隅っこにいるんだけど、
オモチャで遊んでやるとそれなりに遊ぶし、
環境変化に対する適応力はそこそこありそうな感じ。
実際にどういう性格なのか、今後少しずつ分かってくると思うけど、
明日以降が楽しみだな。

牛舎猫

2012-grace462.jpg

晴れ時々曇り

時々、猫がうらやましくなる(笑)。

猫の写真色々

2012-grace247.jpg

2012-grace224_20120529214809.jpg

2012-grace258.jpg

2012-grace229.jpg

2012-grace333.jpg

曇り

過去のものも含めてうちの猫達の写真色々。
子猫のときから家の中で可愛がって躾してきたつもりなので、
牛舎に出してからも甘えてきてすごい。
搾乳中も平気で飛びついてきて肩に乗ってきたりするし、
切り草を運んでいれば必ずそのカートに乗ってくる。
馬に対しても牛に対してもたじろぐことはないし、
牛から舐められて気持ち良さそうにしていたりする。
特に家にいる期間が長かったノワールとミカンはまさにベタベタ、
家にはあまり置かなかったツクシとハッサクは少し勝手気ままかな。

馬小屋掃除とノワールの外猫デビュー

2012-grace220.jpg

2012-grace221.jpg

晴れ

昨日はバタバタの中、馬小屋掃除と草入れ。
最近、家の中で飼っていた黒猫のノワールが外に出たそうなので、
外猫としてデビューさせる事にした。
家の中には、外猫だったミカンが家猫として入ってきたので、
入れ替わりという事になるかな。

2012-grace222.jpg

2012-grace223.jpg

2012-grace224.jpg

まんざらでもないノワール。
牛舎に馴らすために一晩繋いでおいたけど、今日からは自由の身。
牛乳も大好きなようなので、牛舎猫としては適材なのかも。
たくさん牛乳を飲ませてあげるので、ネズミやハトを捕っておくれ。

コムギとグリ

2012-grace181.jpg

晴れ時々曇り

牛乳豆腐をたっぷり食べてひたすら眠るコムギとグリ。
猫はいつでも平和でのんびりしていて、羨ましいかぎり(笑)。

猫用品のお買い物

曇り

我が家の家猫の内、ノワールは雄猫。
もうすぐ生後4ヶ月となり、
そろそろ種付してもおかしくはない月齢になってきたので、
コムギやグリに種付しないよう、
去勢手術が出来る月齢に達するまでの間、隔離する事に。
そこで、新たに猫トイレを増やすべく、帯広に買い物へ。

2012-obihiro002.jpg

正月初売りセールがまだ続いていて、
2000円ほどするデオトイレセットがなんと980円!
猫用品に限らず、あらゆるものが初売りは安いので、
この時期に色々買っておく事は節約になる。

普通の猫トイレだと無駄が多いので、
我が家にある猫トイレも全てデオトイレへと更新し、
これで4つのデオトイレを1階と2階に分けて置く事になる。

2012-obihiro005.jpg

十勝の浦幌町で、トドマツを原料とし、
「にゃーチュラル」というデオトイレで使える猫砂を開発したよう。
価格も安いし、畑や防風林などに捨てれば土に還元出来るし、
地元十勝の商品という事で、猫砂は今後これを使う事にした。

2012-obihiro006.jpg

熱帯魚コーナーにはタツノオトシゴがいた。
タツノオトシゴって不思議な生き物だよなぁ・・・。

猫の駆虫と分離

曇り時々晴れ

朝一番に動物病院「ちいさい仲間」へ行き、の駆虫薬を貰う。
ついでに上士幌の美味しいと評判の豆腐屋さん、
「大雪工房」に寄って豆腐と厚揚げを買ってみたんだけど、
そのネタはまた後日。

2011-grace227.jpg

1回目の駆虫薬投与。
2回目は2週間後の予定。

このの回虫騒ぎを機に、家と牛舎とで分離して飼う事にした。
は器量の良いコムギとタンポポ、
牛舎は元々外猫だった母猫のムギと、
キジトラ3兄弟である、ツクシ、ヨモギ、マメ。

2011-grace223.jpg

2011-grace224.jpg

2011-grace225.jpg

とりあえず掃除した牛舎の処理室を牛舎猫の拠点に。
しばらくはここで飼い、環境に慣れ次第、
牛舎のその他の場所や外へも自由に行き来出来るようにするつもり。
ムギももちろん、キジトラ3兄弟である、ツクシ、ヨモギ、マメも、
牛舎内外のネズミなどの捕獲に頑張って欲しい。

続いて、家猫にする2匹、コムギとタンポポを洗う。

2011-grace228.jpg

2011-grace226.jpg

意外と暴れなかった。
特に臆病もののタンポポは硬直。

2011-grace231.jpg

コムギの方が遥かにおてんば娘で、機敏でスタイリッシュ。
家にも猫がいる事で、ネズミ避けにはなるだろう。
あ~戦場のように賑やかだった家がかなり静かになった(苦笑)。

動物病院「ちいさい仲間」

2011-kamishihoro046.jpg

2011-kamishihoro047.jpg

曇り時々雨

先日、我が家の猫が具合悪そうにし、何も食べなくなったので、
上士幌の動物病院を調べて連れて行った。
「ちいさい仲間」という動物病院が上士幌市街にあり、
女性の獣医さんが丁寧に診察してくれた。
結果、猫カリシウイルスという猫インフルエンザのようなものだそうで、
抗生物質と点滴で治療、投薬。
帰宅してから1日2回、薬を与えているうちに大分良くなってきた。

2011-grace222.jpg

ホッとしたのも束の間、今度はじゃれているうちに1匹の子猫が吐き、
見てみると、回虫が・・・。
という事は、全ての猫が回虫にやられているだろう。
子猫はまだ一度も外に出していない事から、
恐らく、母猫であるムギは外と中とを行き来する猫だったので、
ネズミなどから回虫を取り込み、
それが、胎盤、母乳、糞便を通じて子猫達に感染した可能性が高い。
大きくなってしまえばそれほど深刻ではないけど、
子猫のうちだと死に至る可能性も高く、放ってはおけないだろう。
明日、また動物病院に行って駆虫薬を処方してもらわねば。
回虫は猫全匹を一気に駆虫しないと意味が無いし、
まだ収入がなく厳しいときに、どうしてまあお金がかかるのか・・・。